上級講座(2月5日)

| | コメント(0)

上級講座(2月5日)

 今回も発想豊かな作品が続々完成しましたよ☆

では、早速ご覧ください!

 

2011_2_5jyoukyu1.jpg   2011_2_5jyoukyu2.jpg 

お一人目の講座生さんは、全体にパウダー状の青色を付けて水差しを制作中です。

今回パウダーを使った制作に初挑戦です! 

伸ばして・・・(写真左)

口元を、注ぎ口用に変形させたら(写真右)

2011_2_5jyoukyu3.jpg

透明のガラスで、ワンポイントを付けた水差しの完成です!

深みのある青色が素敵ですね♪

 

2011_2_5jyoukyu4.jpgのサムネール画像   2011_2_5jyoukyu5.jpg

続いて、最近サンドブラスト用のお皿を制作中の講座生さんです。

このままボウルで仕上げてしまいたい!

広げてしまうのがもったいない位きれいな形です(写真左)

ピンク色のお皿の完成です!(写真右)

この作品はどんな模様になるのでしょうか…

2011_2_5jyoukyu6.jpg   2011_2_5jyoukyu19.jpg

そして、昨年最後の講座で制作されたお皿は、

うさぎが躍動的なレース模様に仕上がりました☆

(制作の様子は上級講座12月11日をご覧ください。)

サインが入って、また一つ新しい作品が増えましたね♪

新作、お待ちしております。 

 

2011_2_5jyoukyu7.jpg   2011_2_5jyoukyu8.jpgのサムネール画像

続いて、薄いグラスを目指して制作中の講座生さんです。

二回目のガラスを巻いた後に

西川慎先生に色のついた種を持ってきてもらい・・・(写真左)

ポンテを取って、口を開いたらグラスの完成です☆

口切りもきれいに出来て、薄く仕上がりましたよ!

淡い色の模様が、薄いグラスにピッタリですね。

 

2011_2_5jyoukyu17.jpgのサムネール画像  2011_2_5jyoukyu18.jpgのサムネール画像

久しぶりにお越し頂いた、こちらの講座生さんはジョッキを制作中です。

中級講座時に制作された、ジョッキの持ち手が欠けてしまったそうで、

新作ジョッキを制作されます!

手に馴染むように持ち手の形にこだわっていらっしゃします。

制作中はガラスが熱くて実際に持てないのが難点ですが、

頭の中にしっかりイメージをお持ちの様で、自作だからこそ出来る持ち手の形に仕上がりました☆

欠けてしまったジョッキも加工をして復活しましたので、新作と合わせてお使い下さい♪

 

2011_2_5jyoukyu14.jpg   2011_2_5jyoukyu15.jpg

続いて、白色の種を付けていらっしゃる講座生さんです。

池本美和先生が持ってきた種を付け終わったら、

道具を使って色の部分だけをひっかきます。

すると直線の模様だった種が、曲線の模様になりました。(写真右)

2011_2_5jyoukyu16.jpgのサムネール画像

口を開いて、作品の完成です。

以前制作された形の色違いを制作されたので、

今回の作品とペアでお使いいただけますね♪

 

2011_2_5jyoukyu9.jpgのサムネール画像   2011_2_5jyoukyu10.jpgのサムネール画像

最後は、種の配置にこだわっている講座生さん。

よく見ると、一つ一つの種に色を2色混ぜて付けていらっしゃいます。

2011_2_5jyoukyu11.jpg   2011_2_5jyoukyu12.jpg

少しずつ形が見えてきました。

グローリーホールの中で口を開ききったら・・・

2011_2_5jyoukyu13.jpg

 

バラ模様のお皿の完成です☆

(是非、写真をクリックして拡大してご覧ください。)

狙った位置に種を付けるの容易なことではありませんが、

こちらの作品は、種がバランス良く配置されています。

これからバラシリーズの作品は増えていくのか、楽しみです♫

 

次回の上級講座は、2月12日(土)です。

また来週、講座の様子をお伝えします☆ (M)

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年2月10日 11:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2011年 豆まき」です。

次のブログ記事は「初級講座(14回目) お皿の制作」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。