吹きガラス中級講座(夏のまとめ)

| | コメント(0)

吹きガラス中級講座(夏のまとめ)

 

 久しぶりに、吹きガラス中級講座のレポートをお届けします☆

7~8月の講座では、皆様たくさんの技法を習得されました! 

 

①チョイチョイ(技法の通称名) 

tyukyu2102summer_1.jpg

(※未来館、西川慎先生・池本美和先生の工房(M.Mグラススタジオ)ではこう呼んでいます。)

色ガラスを付けた種をアシスタントに持ってきてもらい、

下玉にランダムに付けて模様を作ります。

 

 ②モール(型吹き)

tyukyu2102summer_2.jpg

ガラス専用の金型にガラスを吹き込んで、凹凸がある模様を作ります。 

tyukyu2102summer_3.jpg  tyukyu2102summer_4.jpg

凹凸がたくさんある型の中にガラスを吹き込むと、

つるっとしたガラスの表面が、型に沿った形になります。

制作中は何度もガラスの温め直しを行うので、

せっかく付けた凹凸が馴染んでしまうことがあります。

この回では、完成まで凹凸を残す難しさも体感しました。

 

 ③全体にうず模様を付ける

tyukyu2102summer_5.jpg

アシスタントに色ガラスの種を持ってきてもらい、下玉に大きなうず模様を作りました。

tyukyu2102summer_6.jpg  tyukyu2102summer_7.jpg

tyukyu2102summer_8.jpg

完成写真では模様がはっきりと分かりますね☆

ボウル全体を覆ううず模様は大胆で美しいです!

 

 tyukyu2102summer_9.jpg

8月には、金沢美術工芸大学から、インターン生の保杉くんが来ていました☆

講座では制作中にグローリーホールのドアを開けたり、竿払いをしてくれました。

 

 ④口切り

tyukyu2102summer_10.jpg

ポンテを取った後に、竿元のガラスを引っ張って、余分なところを切り落とす技法。

余分なガラスを引っ張っているので、竿元のガラスの厚みが薄くなります。

tyukyu2102summer_11.jpg

実際にガラスを切る前には、トイレットペーパーの芯を使って、ハサミを使う練習と

ガラスを切るイメージトレーニングを行いました。

tyukyu2102summer_12.jpg

初めて口切りをしたグラスを持って記念撮影です♪

今までよりもさらに、口当たりが良くなっているはず☆

 

吹きガラス中級講座も残すところ、あと4回です!半年間、あっという間ですね。

残りの講座も楽しく制作して、素敵な作品を増やしていきましょう!  (M)

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年8月31日 11:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第5回現代ガラス展in山陽小野田」です。

次のブログ記事は「☆2012年 夏の思い出☆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。