吹きガラス中級講座 (9回目・10回目)

| | コメント(0)

吹きガラス中級講座 (9回目・10回目)

 

吹きガラス中級講座もいよいよ折り返し地点です!

今回は色のガラス種をらせん状に巻き付けて模様を付けます。

 

まずはデモンストレーションの様子から。

 130622_chukyu_01.jpg

アシスタントが二色の色ガラスを少量のガラス種に

ぺったんぺったんと付けてよく馴染ませます。

 

130622_chukyu_02.jpg

アシスタントが作った色のガラス種を透明の下玉に巻き付けます。

太さや幅を均等にするのが難しい、今回一番の目玉作業です!

 

130622_chukyu_03.jpg  130622_chukyu_04.jpg

種をまきつけた後はマーバーでガラスの形を整えて吹いていきます。

しまがらせん模様についている様子がお分かり頂けるでしょうか?

 

 

さて、では次は講座生の皆様の様子をご紹介します。 

130622_chukyu_05.jpg  130622_chukyu_06.jpg

まずはガラスのない状態で練習し、本番へ…。

順番を待つ講座生さんも注目していますね。

 

130622_chukyu_10.jpg

完成!

 

他の方の様子も見てみましょう☆

130622_chukyu_11.jpg  130622_chukyu_12.jpg

130622_chukyu_13.jpg  130622_chukyu_14.jpg

皆さんいい感じ!

初めての技法に挑戦する時はいつも緊張しますが、

完成した時は新しいことが出来るようになった喜びがあるので

皆さんとてもいい笑顔です。

 

吹きガラス講座では、自分が制作をするだけではなく

他の人の制作のアシスタントも行います。

紙りんの焼ける煙を風で飛ばしたり、ポンテを持っていったり

火よけをしたりと様々な作業がありますが、

なんと9期生さん独自のアシスタント業務が生まれました!

 

 

130622_chukyu_07.jpg

ポンテを作ってもらいます。

ここまではノーマルなアシスタント作業ですが、このあとがオリジナル。

130622_chukyu_08.jpg

竿を交換する少しの間に、お茶やタオルを手渡すセコンド的なアシスタントが!

実際他の期の方にも竿の交換のタイミングでお茶を飲んでもらったり

タオルで汗を拭いてもらったりするのですが、

定番のアシスタント作業になったのは9期生さんが初めてで、

仲の良さがうかがえますね♪

 

・ ・ ・

 

こちらは10回目の中級講座、

2回目のらせん模様の器が完成したところですね☆

130629_chukyu_01.jpg  130629_chukyu_02.jpg

 

とてもきれいならせん模様になっています!

130629_chukyu_03.jpg

 

次回は「ビットワーク」をやります!

ホットショップの気温もぐんぐん上がっています。

水分補給をこまめに行ってバテないように楽しみましょう~~~! (S)

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理者が2013年7月11日 10:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「竜王山便り (2013年7月2日・6日)」です。

次のブログ記事は「「ガラスでオリジナルスタンプを作ろう!」追加募集決定☆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。