吹きガラス初級講座⑫⑬回目「ボウル」(10期生 2月1日・8日)

| | コメント(0)

吹きガラス初級講座⑫⑬回目「ボウル」(10期生 2月1日・8日)

 

またまた新しい工程を学びます。

球まで作ったら、グラスを制作した時と同じようにくくりまでしっかり温めます。

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_1.jpg

ガラスが温まったら、吹き竿の穴を右掌で塞ぎながら

竿を傾けて、ガラスをつぶしていきます。

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_2.jpg

講座生さんたちは、つぶれ具合を横から確認しています。

グラスを制作した時と、真逆の動きですね! 

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_3.jpg

ポンテを取る前は、平たい形になっています。

お饅頭のような形になっていれば正解です☆

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_4.jpg   2014_syokyu10_12_13_bowl_5.jpg

口を開くときは、いつもよりさらに慎重に!

まずは、ハシの角度を斜めに構えて口が外側に開かないように気を付けます。

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_6.jpg   2014_syokyu10_12_13_bowl_7.jpg

こちらは初めて使う道具、「ウッドジャック」です。

木でできたハシなのですが、ボウルの底に当てて器の高さを低くしたり

丸みを作る時に必要です。

 

講座生さんたちも実践!!

2014_syokyu10_12_13_bowl_8.jpg   2014_syokyu10_12_13_bowl_9.jpg

初めての、つぶす工程です。

吹き竿の穴を塞ぎ、竿も回さないといけないので大変!

しかも、講座生さんたちの位置からでは、ガラスのつぶれ具合が確認しづらいんです。

でも、何回もやっていくうちに、だんだんきれいな姿勢になってきました☆

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_10.jpg

底をパドルで作る時は、優しく当てることがポイントです!

N様、落ち着いて底を作っています♪

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_11.jpg   2014_syokyu10_12_13_bowl_12.jpg

2014_syokyu10_12_13_bowl_13.jpg

丸みのある、とってもきれいなボウルに仕上がりましたよーー!!

透明のガラスがキラキラして美しい♪

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_14.jpg

A様、講座後に池本美和先生に質問中。

丁寧な解説に納得されていました☆

先生やスタッフがお答えしますので、

気になったことはどんどん質問してくださいね(^^)

 

2014_syokyu10_12_13_bowl_15.jpg

ボウルの加工を終えて、記念に一枚☆

それぞれに大きさや形が異なるボウルですが、

どれも使い易そうなボウルです。お家でご活用下さいね♪

 

次回は、お皿の制作です!

ボウルの口をさらに開いて大きくしていきますよ。

ご自分で竿を回せるようになってきた皆様、来週はたくさん竿を回しますよ☆

頑張りましょう♪  (M)

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理者が2014年2月 9日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年賀状コンクールの表彰式がありました」です。

次のブログ記事は「消費税率引き上げに伴う体験料金の改定のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。