吹きガラス講座: 2009年10月アーカイブ

初級講座(4回目)

| | コメント(0)

初級講座4回目の様子をご紹介します。

   

 091031.jpg  091031_7.jpg

先週に引き続きガラスを巻き取る練習と、

巻き取ったガラスの形を紙りんで整える練習を行いました。

 

皆さん、前回より動きがスムーズになっていました♪ すごいです!!

 

091031_2.jpg  091031_3.jpg

 091031_5.jpg  091031_6.jpg

 先生の指導を受けながら、紙りんのかけ方ベンチの出入りなど

ひとつひとつ正しい動きを覚えていきます。

 

091031_8.jpg  091031_9.jpg

今回は”ピンサー”という道具を使って

ガラスをつついてへこみを作り、ガラスの中に泡を入れました!!

もう一度ガラスを巻くと、へこみの部分に空気が閉じ込められて泡になります。

皆さん、楽しそうにガラスをつつかれていました♪

 

 091031_11.jpg

最後に、慎重に竿を叩いてガラスを竿から切り離します。

 

 

 091031_12.jpg

今日は、講座の最後に西川先生のデモンストレーションがありました。

講座生の皆さんが今がんばって勉強されている”紙りんのかけ方”のデモです。

皆さん、メモをとりながら真剣に聞かれていました!!

091031_14.jpg

そして、来週から始まる新しい作業の説明がありました。

091031_15.jpg  091031_16.jpg

作品が完成した後に、

竿からガラスを切り離しやすくするために水をつけてわざとヒビを入れます。

そして、竿をたたいた時にひびの部分から離れていきます。

 

 来週、この作業が増えます!

講座生の皆さん、一緒にがんばりましょうね♪♪

 

初めての上級講座♪

| | コメント(0)

 10月24日の上級講座では、先日中級講座を修了された

講座5期生の皆さんの初めての上級講座です!!

 

091024_kouza02.jpg

 

5期生の皆さんにとっては中級講座が終了して

約1か月ぶりの吹きガラス講座、

しかもこれまで何年も講座を続けてこられた方と

初めて一緒に講座を受講するので、

「なんか緊張する~~~!」

と少し肩に力が入っていましたが…

 

091024_kouza04.jpg  091024_kouza03.jpg

最初は少し緊張していた様子の皆さんも、

一度作業が始まると自然に体が動いて緊張がほぐれてきたようです。

 

091024_kouza01.jpg  091024_kouza06.jpg

1期生さんの色の付け方や制作の様子を見て、

「これからどうなるんだろう?」

「このガラスパーツをどうやって使うんだろう??」

と興味津津の5期生の皆さんでした。

 

 091024_kouza05.jpg

最後には、以前制作した作品を鑑賞しつつおしゃべりをして、

いつもの笑顔が戻っていました♪

 

上級になると、他の期の講座生の方たちと一緒に受講することになりますが、

「吹きガラス楽しい!!」

「ガラスが大好き!」

と言って講座を受講されている気持は皆おなじです。

未来館の「ガラスの輪」がまた少し大きくなりました♪♪♪

初級講座(3回目)

| | コメント(0)

 初級講座3回目の様子をご紹介します。

 

ホットショップでは、先週に引き続きガラスを巻き取る練習と、

巻き取ったガラスの形を紙りんで整える練習を行いました。

また、今週から新しく「ホットショップでのアシスタント」と、

「作品の加工」が始まりました!

 

まずは、ホットショップでの様子から…

091024_syokyu01.jpg

ガラスを溶解炉から巻き取った直後の様子。

熔けたガラスを巻き取った後の竿はとても熱くなるので、

このように水を使って冷まさないとヤケドをしてしまう可能性があります。

 

竿を冷ましたら…

091024_syokyu02.jpg  091024_syokyu03.jpg

紙りんで形を整えます。

ガラスの形を変えたいところにきちんと指が当たるように、

どこを押さえればいいかを学びます。

 

091024_syokyu04.jpg

完成したら、竿からガラスを取り外して徐冷炉の中に入れます。

できたてのガラスの作品はまだとても熱く、そのまま放っておくと

内側と外側の温度差ができてひびが入ったり割れたりします。

そこで、徐冷炉に入れて一晩かけてゆっくりと常温まで冷ますんです。

 

 

そして、今週から加わった、「吹きガラスのアシスタント」です!

吹きガラスでは、多くの場合2人以上のチームで作品を作ります。

その際、メインで作品を作る人が動きやすいように

お手伝いをするのがアシスタントの役割。

 

091024_syokyu05.jpg

<エアーガンで煙を飛ばす>

紙りんをかけていると、ガラスに触れている部分が焼けて煙が出ます。

その煙を吸い込んだり、目に入ると作業がしづらくなるので、

アシスタントはエアーガンで風を出して煙を散らします。

風が作品に当たるとガラスがすぐに冷たくなって作業がしづらくなりますし、

風が耳に入ったり顔に当たるのもよくないので、

どこにどのくらいの強さで風を当てるかがポイントです。

 

091024_syokyu06.jpg

<紙りんを濡らしておく>

何枚も重ねて折りたたんだ新聞紙をしっかり濡らしておいたのが紙りん。

熱いガラスが触れたところはすぐに乾いて焼けてしまうので、

アシスタントは紙りんの表面を濡らして形を整えます。

 

 

さて、次は場所をホットショップからコールドショップに移して、作品の加工を学びます。

「ホットショップ」は、熔けたガラスを扱う場所。

「コールドショップ」は、名前の通り冷たいガラスを扱う場所。

ここで、ホットショップで制作した作品を、削ったり磨いたりして完成させます。

 

まず、加工機の説明と、作品を磨きあげるまでの工程を説明した後、

西川先生による加工のデモが始まりました。

 

091024_syokyu07.jpg

こちらは、「平盤(ひらばん)」といってガラスの表面を平らにするための機械です。

平盤でガラスを削った後…

 

091024_syokyu08.jpg

ガラスについた水をエアーで飛ばして…

 

091024_syokyu09.jpg

講座生の皆さんに見せます!

あっという間にガラスが削れてびっくりした様子でした。

 

091024_syokyu10.jpg

削ったあとは、回転台に乗せて、作品のバランスを整えます。

ここで重心がきちんとしていないと、ななめに立つ作品になってしまいます!

 

今日の加工の時間は説明とデモだけでしたが、

近々これまでに制作した作品たちを削って磨いて完成させる予定の

講座生の皆さんは、真剣にメモを取っておられました。

 091024_syokyu11.jpg

まだ加工前の作品たち。

今後、底を平らに削ったり磨いたりして完成するのが楽しみですね♪

初級講座(2回目)

| | コメント(0)

      今月から始まった初級講座の2回目の様子をご紹介します。

 

前回はガラスを巻き取るための竿を持ってベンチに出入りする練習を行いました。

そして、今回はいよいよ講座で初めてガラスを巻き取ります!

091017_kouza01.jpg  091017_kouza02.jpg

溶解炉の中ではおよそ1200度の高温でガラスが熔けています。

前に立つだけでも熱い窯の中に竿を入れ、先端にガラスを巻き取ります。

皆さんとてもきれいに巻けていました!

 

091017_kouza03.jpg  

次に、巻き取ったガラスを紙りん(濡らした新聞紙)を使ってきれいな形に整えます。

「熱くてヤケドをするのでは?」

と心配になる方もいらっしゃいますが、大丈夫!

何枚も重ねて、一晩かけて芯まで濡らしてあるので

手で触れているところはそれほど熱くはならないんです。

 

091017_kouza04.jpg

そして、最初に巻き取った量では、小さな作品しかできないので、

今回はさらに何回か巻き取ってガラスを大きくします。

この写真は、巻き取る前にガラスを少し冷ましているところ。

芯になるガラスがやわらかいと、次にガラスを巻くときに

とても難しくなるので、エアーガンを使って風でガラスを冷まします。

 

091017_kouza05.jpg  091017_kouza06.jpg

何回かガラスを巻き取って、ガラスが大きくなりました。

大きくなると、ガラスの量が増えて重くなるので、竿を回すのが難しくなります!

 

左手で竿を回して、同時に右手でガラスの形を整える…

右手と左手が別々の作業をすることになるので、

最初はとても大変ですが、慣れてくると少しずつ体が動くようになります。

 

これからも初級講座の様子をブログでご紹介していきますので、

どんな風に講座が進んでいくのか、お楽しみに♪♪♪

 

 

 

第6期生 吹きガラス初級講座が始まりました!!

 

♪ 開講式 ♪

091010_01.jpg

講師やスタッフの紹介、講座生さんの自己紹介をしました。

「吹きガラスの体験で興味を持ち、基礎からしっかり学びたいと思い講座に応募しました。」

「偶然見かけたガラス作品に興味をもって講座を受けようと思った。」

と、みなさん緊張しながらもこの講座を受けようと思ったきっかけを真剣に話されていました。

 

♪ ホットショップにて説明 ♪

 091010_02.jpg

ホットショップとは吹きガラスを制作する場所で、そこで設備や道具などの説明がありました。

講座生のみなさんは真剣に話しを聞き、メモをとられていました。

 このメモは、中級・上級へ進んでからも役に立つ「命のメモ」となります♪

  

♪ 講師による吹きガラスのデモンストレーション ♪

091010_03.jpg 091010_04.jpg

熔けたガラスがみるみるうちにグラスに変わっていくので、  

講座生のみなさんはプロの作家の技を食い入るように見られていました。

 

♪ 基本動作の練習 ♪

 091010_05.jpg

吹きガラスは1200℃の熔けたガラスを扱うため、十分に注意をしないと大きな事故につながります。

そこで、ガラス制作の基本となる動きを体で覚えて、スムーズに体が動くように練習します。

竿を回しながらベンチに入るという動きなのですが、簡単そうに見えて意外と難しいのです。

 

 091010_07.jpg 091010_08.jpg

講座生のみなさんは慣れない動きに戸惑いながらも、がんばって練習していました。

ぎこちなかった動きも、何回か練習するうちに少しずつスムーズになっていました♪

 

♪  初めてのガラス制作 ♪

 091010_09.jpg

最後に、溶けたガラスに触れる体験をしました。ガラスは直接手で触れないので道具を使います。

みなさんガラスが伸びたり、切ったりできることにとてもびっくりされてました!!

 

今回の講座の6期生さんは市内の方から、なんと県外からこられる方もいらっしゃいます。

早朝に出発されて、2時間ほどかけてこられたそうです。スタッフみんなびっくりしました。

みなさん、くれぐれもお気を付けてお越しください。

 

講座生のみなさん、これから半年間一緒に頑張っていきましょう♪

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年10月以降に書かれたブログ記事のうち吹きガラス講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは吹きガラス講座: 2009年9月です。

次のアーカイブは吹きガラス講座: 2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。