吹きガラス講座: 2009年12月アーカイブ

今年最後の吹きガラス講座がありました。

講座生のみなさんはいつもより更にはりきってガラス制作をされていました♪

 

まずは、初級講座(10回目)からご紹介します。

 

091219_1.jpg

今日は外が寒く手足が冷えていたので、

講座の始めにグローリーホールの火で手を温めました♪

手が温まると動きやすくなって制作がスムーズにいき、いい作品を作ることができます。

準備運動のようなものです!

 

先週にひきつづきグラスの制作をしました。

前回と違う所は、アシスタントに手伝ってもらってグラスの底を作るという作業です。

091219_3.jpg 091219_4.jpg

くくりや口を開く時にも使う“はし”を今回はグラスの横にあてて、

アシスタントにパドルという木の板で底を作ってもらい、 

もう一人のアシスタント(右側)に息を吹き込んでもらいます。

 

091219_5.jpg

はしとパドルが触れていない部分が膨らんで、

横が真っすぐで直角のグラスを作ることができます。

アシスタントをにお手伝いしてもらう事で早く、きれいに作ることができます♪

 

091219_6.jpg 091219_7.jpg

 ポンテを取って、最後に“はし”で口を開いたら完成!!

 

講座生さんも先生とアシスタントに手伝ってもらいながら

同じ方法でグラスを作りました。

091219_8.jpg  091219_9.jpg

ドキドキしながら慎重に“はし”をあてて…

091219_10.jpg 091219_11.jpg

 091219_12.jpg

完成!!

皆さん、とてもきれいなグラスが出来ていました♪

一晩かけてグラスを冷ますので、次の講座まで作品を見ることができません。

年明けの初級講座が楽しみですね♪♪

 

さて、こちらは加工の様子です。

先週、初めて作ったグラスを加工しました。

091219_13.jpg 091219_14.jpg

皆さん、初めてのマイグラスを片手にとてもいい笑顔でした。

クリスマスやお正月にたくさん使ってださいね♪

何を入れて飲まれるのでしょうか?今まで作ったガラス作品はどうされているのでしょうか??

その様子がこちら…

IMGP1087.jpg

パフェの器として使われているそうです!!おいしそうですね♪

 IMGP1082.jpg

「 ペーパーウェイトたちは玄関に飾ってます♪」

「夫婦で講座を受けているのでガラス作品がたくさんあって、

どこに飾ろうかな?何に使おうかな??と考えるのが楽しいです♪」

講座生の皆さんは、いろいろな工夫をして普段の生活の中でガラス作品を使っているそうです。

素敵ですね~♪♪

これからもどんど作品が増えていくので、どんな風に使ったかまた教えてくださいね♪

 楽しみに待っています!!

 

 

さて、次は午後からの上級講座の様子をご紹介します。

上級講座では自分が作りたい作品のデザイン画を描き、

初級・中級で学んだ技法を生かして先生やスタッフと一緒に考えながら作っていきます。

091219_15.jpg 091219_16.jpg

皆さん、慣れた手つきでガラスを吹いています。さすがですね!!

自分好きな色や形や技法を使うので、それぞれ個性のある作品が出来上がります。

091219_18.jpg

完成!!

 

吹きガラス講座は2チームに分かれて3人で制作をするのですが、

片方のチームが先に終わった時はもう片方のチームの応援に行きます。

応援といっても後ろからそっと見守るくらいなのですが、

みんなで盛り上げて楽しく制作をしていきます♪♪

091219_20.jpg  091219_21.jpg

091219_19.jpg 091219_22.jpg

091219_23.jpg 091219_24.jpg

 制作中は真剣な顔つきですが、いい作品ができた時は最後ににっこり♪

応援していた講座生の皆さんも先生もみんなで喜びました♪♪

今年最後の制作で皆さん満足のいく作品ができてよかったですね。

私達スタッフも皆さんの笑顔が見られてほっとしました。

おつかれさまです!!

 

さて、今日は今年最後の講座ということで、特別にお芋パーティーをしました♪

091219_25.jpg 091219_26.jpg

 吹きガラス制作で使っているグローリーホールという窯で、

制作後の火を消した余熱を利用してさつまいもを焼くことができるのです!!

 

091219_29.jpg 091219_30.jpg

作品の加工中にお芋を焼いて、

講座が終わった後ホットショップでみんなで楽しくおしゃべりをしながらおいもを食べました♪

お芋の中までしっかり焼けていてほくほくしてとてもおいしかったですよ~♪♪

 091219_27.jpg 091219_28.jpg

 皆さん、いい笑顔です♪

 

講座生のみなさん、今年も未来館をご利用いただきありがとうございます。

吹きガラス講座は楽しんでいただけたでしょうか?

まだまだ足りていないところがあるかと思いますが

来年も一生懸命お手伝いしますので、

素敵な作品ができるように一緒にがんばりましょうね♪

                                               (N)

初級講座(9回目)

| | コメント(0)

10月から始まった初級講座も、早いもので9回目になりました。

 

今回はまず、加工の様子からご紹介します♪

今日は、先週作った小鉢サイズの器を加工しました。

091212_06.jpg

出来上がった作品です。

両手で包みこめるくらいのサイズで、

色々な使い道がありそうです♪

 

091212_05.jpg

「初の器です!やった!!」

091212_01.jpg  091212_02.jpg

「うれしいです!」

091212_03.jpg  091212_04.jpg

「前回の花器には家内が花を活けてくれました。今回のはどうなるかな♪」

「こうやって形になるとうれしいですね♪♪♪」

 

皆さんとてもいい笑顔ですね~~♪

かたまりのペーパーウエイトで基礎を積み重ねて、初めて作った器の作品です。

これから吹きガラスを続けて、どんどん上達するとこの最初の作品が

とてもかわいく思えてくるので、ぜひとも大切にしてくださいね♪

 

・ ・ ・

 

さて、吹きガラスの講座の様子です。

先週は、丸く膨らませた球の口を開き、上の写真のような小鉢にしました。

今週は、球の状態からガラスを細長く延ばして、その後底を作ります。

この二つの工程が増えるだけで、「小鉢」から「グラス」になるんですよ~~♪

 

それでは早速見てみましょう。

091212_07.jpg

まずは、きれいな球を作ります。ここまでは、先週と同じ。

 

091212_08.jpg

次に、温めて柔らかくした球の付いた竿をゆっくりと下に向け、

振り子のように左右に振ります。

この時に、ガラスの形がゆがまないように慎重に、慎重に…。

 

091212_09.jpg

すると、球が伸びて細く長くなりました!!

このままだと、口を開いてグラスにしたときに底が狭くて安定が悪いので…

 

091212_10.jpg

パドルという木の板をグラスの底になる部分にそ~~っと当てて、平らな底を作ります。

これで、グラスの下半分は出来上がり♪

この後竿の交換をして、口を開くと…

 

091212_11.jpg

グラスの出来上がり!!!

 

講座生の皆さんも初めての作業に少し緊張気味でしたが、とても順調に作業が進みました。

皆さんの「伸ばしているところ」をご紹介します♪

091212_12.jpg  091212_13.jpg

091212_14.jpg  091212_17.jpg

091212_16.jpg  091212_15.jpg

なかなか恰好いいです♪

延ばす時に形がゆがんでしまうと、

バナナのような形のグラスになってしまうのですが、

皆さんとても上手に伸ばせていました。

  

091212_18.jpg

初めてのグラスとは思えない出来の良さ!

6期生の皆さんもとても熱心で、ぐんぐん上達しています。

「ガラスってなんだか面白そう」

だった気持ちが

「ガラスって楽しい!大好き!!」

という気持ちになって行っているのが、見ていてとても伝わります。

講座生の皆さまの「もっと、もっと!」という探究心に

お応えできるように、私達スタッフもがんばります!!

 

・ ・ ・

 

ところで、このブログを書いている今日(12月18日)、山陽小野田市でも雪が降りました。

急に冷え込んだので、皆さまも体調の変化に気を付けてくださいね。

 

 

初級講座も、残すところ年内はあと1回です。

次回は、今回作ったグラスを加工して持って帰ることが出来ます。

初めて作ったグラスで、年末年始に乾杯してくださいね♪♪ (S)

初級講座(8回目)

| | コメント(0)

12月5日の初級講座の様子をご紹介します。

 

091205_1.jpg 

今日から“ポンテ”と“口を開く作業”が新しく増えました。

 

“ポンテ”とはイタリア語で“橋渡し”という意味です。

 吹きガラスで制作する場合、始めに吹き竿を使ってグラスの下半分を作り、

グラスの底に新しい竿を付けて吹き竿から切り離します。

それから、グラスの飲み口になる上の部分を作ります。

そして、この切り離す作業を吹きガラスでは“ポンテをとる”といいます。

 

いつもの様に、西川慎先生のデモンストレーションがありました。

 

091205_3.jpg

ポンテはアシスタントが作ります。

穴の開いていない竿にガラスを巻き取って形を整えます。

アシスタントはタイミングを合わせて先生のところへポンテを持っていきます。

 091205_4.jpg 091205_5.jpg

竿を回しながらセンターとってポンテをしっかり付けます。

中心がとれたら、吹き竿をピンサーで叩いて竿からガラスを切り離します。

091205_2.jpg 

 

次に、はしを使ってグラスの口を作ります。

091205_6.jpg

はしをガラスの口にあてて、ゆっくり開いていきます。

ガラスが柔らかくて薄いので、力を入れすぎると口が曲がってしまいます。

なので、ここは慎重に…講座生さんも一緒に真剣になって見ていました。

 

 

さて、いよいよ練習が始まりました!!

 091205_9.jpg    091205_10.jpg

いつものようにガラスを巻き取って紙リンをかけ、吹いていきます。

この作業はずいぶんと慣れてきて、ガラスの形もキレイになってきてますね。

講座が始まって2カ月経ちますが、みなさんぐんぐん上達しています。

すごいです!!

 091205_11.jpg

くくりも少しずつ出来るようになっています♪

 

 

そして、いよいよポンテ…

091205_12.jpg

少し緊張しながらも慎重にポンテを付けていました。

 

091205_13.jpg

…よしっ!!

 

この作業を時間を長くかけてしまうとガラスが冷めて割れてしまう事があるので、

少し素早く、けれど慎重にしなければいけません。

ここでうまくセンターがとれていたら後の作業がスムーズに進みます。

 

口を開く時も慎重に…

091205_14.jpg

091205_15.jpg

今日は練習なので、口は開きたいところまで開いて小鉢を作りました。

来週は口をまっすぐ開いてグラスを作っていきます。

初めてのマイグラスが出来るので楽しみですね♪

 

 

さて、加工の時間です!

091205_16.jpg  091205_18.jpg

先週、初めて息を入れて作ったブローの作品を磨きました。

口を開いてないのでグラスになりませんが、一輪ざしとして使えます♪

  花を生けやすくする為に、わざとガラスの口を傾けて底を削りました。

 

091205_17.jpg

口の大きさや水を入れた時のバランスを考えて、形をデザインしながら加工していきます。

 「どこに飾ろうかな~?」  「何の花をいけようかな??」 と考えながら、

楽しそうに加工していました♪

 

みなさん、また来週も一緒にがんばりましょうね♪♪

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年12月以降に書かれたブログ記事のうち吹きガラス講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは吹きガラス講座: 2009年11月です。

次のアーカイブは吹きガラス講座: 2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。