吹きガラス講座: 2010年2月アーカイブ

 吹きガラス初級講座15回目の様子をご紹介します♪

100220_11.jpg

前回に引き続きボウルの制作をした後に、

“ポンテ”を作る練習をしました!

 

“ポンテ”とはイタリア語で“橋渡し”という意味です。

 吹きガラスで制作する場合、始めに吹き竿を使ってグラスの下半分を作り、

グラスの底に新しい竿を付けて吹き竿から切り離します。

それから、グラスの飲み口になる上の部分を作ります。

 

この切り離す作業を吹きガラスでは“ポンテをとる”と言うのですが、 

その“ポンテ”を作る役割をアシスタントがします。

また一つアシスタントの作業が増えることになります!

 

始めに西川慎先生の“ポンテの作り方”のデモンストレーションがありました。

100220_1.jpg

まず、ポンテに使う竿に熔けたガラスを少量巻き取ります。

100220_2.jpg

100220_3.jpg

マーバーと言う鉄の台の上で、竿を回しながらガラスの形を整えます。

これで完成!!

 

簡単そうに見えますが

マーバーでガラスの形を整えることはとても難しいのです。

何度も練習してマーバーの使い方を覚えていきます。

今回は初めてのポンテを作る作業なので、一人ずつ練習をしました。

 

さあ、練習開始!!

100220_4.jpg

「はじめまーす♪」

 

100220_14.jpg

ゆっくりマーバーの上へ持ってきて、

100220_5.jpg 100220_6.jpg

慎重に竿を回して…

100220_8.jpg 100220_10.jpg

 

100220_7.jpg

「できたかな?」

 

100220_13.jpg

順番が終わっても熱心に練習している講座生さん♪

 

100220_12.jpg 

講座生の皆さんは真剣にポンテの練習をされていました。

皆さん初めての作業でしたが、きれいにポンテができていました。

来週は実際にポンテを作って、自分以外の人の作品のポンテをとる作業をします。

責任感も出てくるので少し緊張すると思いますが、

アシスタントをすることで吹きガラスが上達するので

来週もこの調子でがんばりましょうね♪

 

                           ( N )

 

14回目の初級講座です♪

100213kouza_01.jpg 

「おはようございまーーす!」ときららガラス未来館に到着した講座生の皆さん、、、

まずは、いつものように?グローリーホールの前であったまります♪

あまり近づきすぎると、ヤケドしますよーー! 気を付けてくださいね。

 

・ ・ ・

 

さて、今日の初級講座では前の週とは違う、新しい形に挑戦しました!

その「新しい形」というのは、タイトルにもあった「ボウル」です。

ボウルを作る時は、グラスよりも底の面積が広くないと最後に整える時にきれいな形になりません。

 

そこで、このような丸い形を、

100213kouza_12.jpg

よく温めてから竿を斜めにして回すことで

 100213kouza_14.jpg

このように少しつぶした形にしてから竿を交換します。

100213kouza_13.jpg

 

では、講座生さんたちの作業風景を見てみましょう♪

100213kouza_02.jpg  100213kouza_03.jpg

「こうかな?」

100213kouza_04.jpg  100213kouza_06.jpg

「できてる??」

100213kouza_05.jpg  100213kouza_07.jpg

皆さん、初めての作業でドキドキしながらも、順調に制作されていました。

 

吹きガラスでボウルを作るのは、基礎が出来ていないとなかなか

きれいにできない難しい作品ですが、

皆さん初めてとは思えないほどきれいなボウルが出来ていました!

100213kouza_08.jpg  100213kouza_09.jpg

100213kouza_10.jpg  100213kouza_11.jpg

サラダを入れたり、冷たいスープを入れたり…色々な使い方を楽しんでくださいね♪ (S)

 

初級講座13回目の様子をご紹介します♪

 

今日は吹きガラス制作に入る前に、デザイン画を描きました。

どんな形のガラス作品を作るのか実際に紙に描いて、

そのデザイン画を見ながら制作をしていきます。

100206_1.jpg 100206_2.jpg

前回作った一輪挿しの形をベースにして、口を引っぱった形の一輪挿しをデザインしました。

講座生のみなさんはどんどんイメージを膨らませて、真剣にデザイン画を描かれていました。

一体どのような作品を作られるのでしょうか…??

 

こちらが、講座生さんのデザイン画です♪

100206_3.jpg 100206_4.jpg

100206_5.jpg

首の長い一輪挿しだったり、ふっくらした可愛らしい形の一輪挿しなど

色々な形を描かれていました。

どんな作品に仕上がるか楽しみですね~♪

 

さて、デザイン画が描けたらいよいよ吹きガラス制作にはいります!

 

100206_6.jpg

まずはいつものようにガラスを巻いて、紙リンで形を整えて吹いていきます。

100206_7.jpg 100206_8.jpg

それから自分がデザインした形を目指して、

ガラスを伸ばしたり膨らましたりして形を変えていきます。

このくらいの長さかな??と考えながら少しずつガラスの口を引っぱて…

 

完成です!!

100206_9.jpg

100206_10.jpg 100206_11.jpg

デザイン画と実際に作っているガラスの形を見比べながら

一生懸命にガラス制作をされていました。

皆さんデザイン画に描かれたとおりのガラス作品が出来上がっていましたね♪

すごいです!!

 

イメージを実際に形にすることは難しく大変なことですが、

それが出来上がるととても嬉しいですよね♪

これからも、どんどんイメージを膨らませて素敵なガラス作品を作りましょうね♪♪

 

 

前回講座の最後に自分で吹いたガラス作品にサンドブラストをして

さらに素敵な作品に仕上げた講座生さんがいらっしゃいました。

 

今回もサンドブラストをされた講座生さんがいます。

100206_13.jpg

「楽しかったので、家で切り抜いてきました!!」

こちらの絵柄はインドの象の神様のガネーシャと大仏様です。

100206_16.jpg

完成して、嬉しそうににっこり♪

細かい絵柄もきれいに切り抜かれていました。すごいですね~☆

 

100206_12.jpg 100206_17.jpg

こちらの講座生さんは奥様との合作のガラス作品です!

奥様は切り絵をされているそうで、その絵柄を貼りつけてサンドブラストされていました。

花の模様が可愛らしくて素敵でした♪

 

 

最後に…

 100206_18.jpg

先週作ったガラスの一輪挿しです。

加工を終えて、完成っ!!とみなさんいい笑顔♪

 

講座生さん、今日もお疲れ様でした。来週も一緒に吹きガラス講座をがんばりましょうね♪♪

 

                                                        ( N  )

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2010年2月以降に書かれたブログ記事のうち吹きガラス講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは吹きガラス講座: 2010年1月です。

次のアーカイブは吹きガラス講座: 2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。