吹きガラス講座: 2011年2月アーカイブ

上級講座(2月12日)

| | コメント(0)

上級講座(2月12日)

今回のブログは花器特集です!

池本美和先生のベンチで制作中の講座生さんの様子をお伝えします。

 

2011_2_12jyokyu1.jpg

シリーズで花器を制作中の講座生さん。

いつも色の組み合わせが素敵で、スタッフの中にもファンがおります。

今回は、赤と水色の二色を使ってらせん模様を作りました。

 

2011_2_12jyokyu2.jpg   2011_2_12jyokyu3.jpg

取っ手を二か所付けて、完成しました☆

次回はどんな花器が制作されるでしょうか??楽しみにしております!

 

2011_2_12jyokyu4.jpg  2011_2_12jyokyu5.jpg

こちらの講座生さんは、色の粒を付けてピンセットでねじっています。(写真左)

狙いを定めてねじらなければいけないので、難易度の高い技です。

出来上がった模様はこんな感じ。(写真右)

粒状に残った色と、ねじれた色がそれぞれあって素敵ですね!

2011_2_12jyokyu6.jpg  2011_2_12jyokyu7.jpg

仕上がった花器は、どことなく陶器を思わせる雰囲気に!!

色も青と白で、和テイストです。

制作後、他の講座生さんから色の付け方や形について、多くの質問が飛び交っていました。

他の講座生さんも認める、素敵な花器が出来上がりましたね♪

 

2011_2_12jyokyu8.jpg

最後は、口元のガラスを引っ張って花器を仕上げている講座生さん。

2011_2_12jyokyu9.jpg

底にある色は、シックな紫色☆この色が大好きでいつも選んでしまうそうです。

らせん状に透明のガラスを巻いて、動きのある花器が仕上がりましたね♫

次回はどんな作品を制作されるでしょうか。今から楽しみです!

 

 

この日は、朝から雪が降り大荒れの日でしたが、

悪路の中講座にお越し頂きありがとうございました。

次回講座は、2月26日(土)です! (M)

初級講座(15回目)

| | コメント(0)

初級講座(15回目)

今回は、ボウルやお皿を制作しました。

2011_2_12syokyu1.jpg  2011_2_12syokyu2.jpg

2011_2_12syokyu3.jpg

ポンテをとるのにも慣れてきた様子の講座生さん。

 声を掛け合って、竿を渡すタイミングを合わせます。

2011_2_12syokyu5.jpgのサムネール画像   2011_2_12syokyu6.jpg

2011_2_12syokyu7.jpg 

使いやすそうなサイズのボウルが完成しました!

前回制作された時よりも、上達されましたね!

皆様納得の仕上がりです。

 

2011_2_12syokyu8.jpg

こちらも完成!

ガラスの基本の形を大切にしながら制作されたので、きれいなお皿が出来上がりました☆

西川慎先生、良い笑顔♫

 

2011_2_12syokyu9.jpg

こちらの講座生さんは、前回制作したお皿が小さめだったことから、

今回は大きなお皿に挑戦です!

重曹入りの水を使って、模様を描いています。

どんな模様になるのか、ドキドキしながら見守っています。 

2011_2_12syokyu10.jpg

二回目を巻いた直後!

大きい作品を作る時は、ガラスをたくさん巻くので

普段より竿が重たくなります。頑張ってください!

2011_2_12syokyu11.jpg  2011_2_12syokyu12.jpg

ボウルまで作れたら、グローリーホールの中で口を開ききってお皿にします。

自然にアシスタントをしてくださる講座生さん達(写真左)

ありがとうございます!!

パドルを使って、お皿の立ち上がりの角度を調節したら・・・

2011_2_12syokyu13.jpg

完成です☆

大きな作品の制作を終えて、

講座生さん、スタッフ共に達成感のある講座となりました。

 

2011_2_12syokyu15.jpg

加工は、前回制作したお皿を仕上げました。

また、講座生さんのお一人が初期の講座中に制作した

ペーパーウェイトにサンドブラストをされました。

お姉さまにプレゼントされるそうで、お名前に「穂」がつくことから

稲穂のデザインにイニシャルの「H」を入れてあります。

ご自分の作品をプレゼントされるとは、粋ですね☆

 

初級講座も残すところあと5回となりました。早いものですね~

講座を重ねるごとに皆様が上達されて、スタッフ一同感動しきりです。

次回は新しい技法を学びますので、楽しみにしていてください☆ (M)

初級講座(14回目) お皿の制作

 さて、今回もデモから始まります!

 

 

まずきれいなボウルを作り、そのあと遠心力でガラスを広げることでお皿になります。

110205_syokyu01.JPG

美しいボウルを制作中の西川慎先生。その後ろには…

 

110205_syokyu02.JPG

講座生の皆さんが身を乗り出して見学中です!! 

110205_syokyu03.JPG

ボウルが出来上がったら、グローリーホールの中で回して…

110205_syokyu04.JPG  110205_syokyu05.JPG

まん丸のきれいなお皿になりました!

最後に丸い形を少しひらひらっとしたお皿に変えて、完成です。

 

 

さあ、さっそく講座生さんたちの制作が始まります。

110205_syokyu06.JPG

まずはきれいなボウルにするために底をつぶして…

110205_syokyu08.JPG

グローリーホールの中で回します!!

「うわ~~」「すごい!!」とアシスタント中の他の講座生さんたちも大興奮。

110205_syokyu09.JPG 

完成!初めてとは思えない出来です。

 

他の方も…

110205_syokyu07.JPG  110205_syokyu10.JPG

つぶして、ひらいて…

110205_syokyu11.JPG  110205_syokyu13.JPG

よいしょっ!

110205_syokyu12.JPG  110205_syokyu14.JPG

「できたーー!」

110205_syokyu15.JPG  110205_syokyu16.JPG

前回ボウルを作ったので、底をつぶす動作もスムーズで

とてもきれいなお皿が完成しました。

 次回は、再びボウルの制作を行います。

 

 

110205_syokyu17.JPG

眼鏡の上から加工用の眼鏡をかけるMさん。

とてもお似合いだったので、作品と共に撮影させていただきました♫

 

110205_syokyu18.JPG

今回も、皆さんとっても素敵な仕上がりです。

「今度このボウルにサンドブラストで模様を付けます!」と仰る講座生さんもおられました。

ガラスを楽しんでくださっている様子にスタッフも嬉しくなりました♪ (S)

上級講座(2月5日)

| | コメント(0)

上級講座(2月5日)

 今回も発想豊かな作品が続々完成しましたよ☆

では、早速ご覧ください!

 

2011_2_5jyoukyu1.jpg   2011_2_5jyoukyu2.jpg 

お一人目の講座生さんは、全体にパウダー状の青色を付けて水差しを制作中です。

今回パウダーを使った制作に初挑戦です! 

伸ばして・・・(写真左)

口元を、注ぎ口用に変形させたら(写真右)

2011_2_5jyoukyu3.jpg

透明のガラスで、ワンポイントを付けた水差しの完成です!

深みのある青色が素敵ですね♪

 

2011_2_5jyoukyu4.jpgのサムネール画像   2011_2_5jyoukyu5.jpg

続いて、最近サンドブラスト用のお皿を制作中の講座生さんです。

このままボウルで仕上げてしまいたい!

広げてしまうのがもったいない位きれいな形です(写真左)

ピンク色のお皿の完成です!(写真右)

この作品はどんな模様になるのでしょうか…

2011_2_5jyoukyu6.jpg   2011_2_5jyoukyu19.jpg

そして、昨年最後の講座で制作されたお皿は、

うさぎが躍動的なレース模様に仕上がりました☆

(制作の様子は上級講座12月11日をご覧ください。)

サインが入って、また一つ新しい作品が増えましたね♪

新作、お待ちしております。 

 

2011_2_5jyoukyu7.jpg   2011_2_5jyoukyu8.jpgのサムネール画像

続いて、薄いグラスを目指して制作中の講座生さんです。

二回目のガラスを巻いた後に

西川慎先生に色のついた種を持ってきてもらい・・・(写真左)

ポンテを取って、口を開いたらグラスの完成です☆

口切りもきれいに出来て、薄く仕上がりましたよ!

淡い色の模様が、薄いグラスにピッタリですね。

 

2011_2_5jyoukyu17.jpgのサムネール画像  2011_2_5jyoukyu18.jpgのサムネール画像

久しぶりにお越し頂いた、こちらの講座生さんはジョッキを制作中です。

中級講座時に制作された、ジョッキの持ち手が欠けてしまったそうで、

新作ジョッキを制作されます!

手に馴染むように持ち手の形にこだわっていらっしゃします。

制作中はガラスが熱くて実際に持てないのが難点ですが、

頭の中にしっかりイメージをお持ちの様で、自作だからこそ出来る持ち手の形に仕上がりました☆

欠けてしまったジョッキも加工をして復活しましたので、新作と合わせてお使い下さい♪

 

2011_2_5jyoukyu14.jpg   2011_2_5jyoukyu15.jpg

続いて、白色の種を付けていらっしゃる講座生さんです。

池本美和先生が持ってきた種を付け終わったら、

道具を使って色の部分だけをひっかきます。

すると直線の模様だった種が、曲線の模様になりました。(写真右)

2011_2_5jyoukyu16.jpgのサムネール画像

口を開いて、作品の完成です。

以前制作された形の色違いを制作されたので、

今回の作品とペアでお使いいただけますね♪

 

2011_2_5jyoukyu9.jpgのサムネール画像   2011_2_5jyoukyu10.jpgのサムネール画像

最後は、種の配置にこだわっている講座生さん。

よく見ると、一つ一つの種に色を2色混ぜて付けていらっしゃいます。

2011_2_5jyoukyu11.jpg   2011_2_5jyoukyu12.jpg

少しずつ形が見えてきました。

グローリーホールの中で口を開ききったら・・・

2011_2_5jyoukyu13.jpg

 

バラ模様のお皿の完成です☆

(是非、写真をクリックして拡大してご覧ください。)

狙った位置に種を付けるの容易なことではありませんが、

こちらの作品は、種がバランス良く配置されています。

これからバラシリーズの作品は増えていくのか、楽しみです♫

 

次回の上級講座は、2月12日(土)です。

また来週、講座の様子をお伝えします☆ (M)

上級講座(1月29日)

| | コメント(0)

 上級講座(1月29日)

今回は、様々な色の付け方に注目してみましょう。

未来館の坩堝(るつぼ)に熔けているガラスは透明なので、

講座生さんは、毎回好きな色や模様を付けています。

 

一番人気は、アシスタントに色を持ってきてもらい、

透明のガラス本体に巻きつける方法です。

23_1_29jyoukyu6.jpg  23_1_29jyoukyu7.jpg

色を持ってきてもらったら、竿元からぐるぐる巻いていきます。

こちらの講座生さんは、色を二色使ってバランスを見ながら全体に色を付けています。

23_1_29jyoukyu8.jpg   23_1_29jyoukyu13.jpg

色を付けた後、さらにガラスを巻いて、つぶしたら・・・(写真左)

ボウルの完成です♪(写真右)

全体に色が付いていますが、透明色と不透明色をバランス良く

付けていらっしゃるので、すっきりとした色のボウルに仕上がりました☆

 

23_1_29jyoukyu5.jpg   23_1_29jyoukyu4.jpg

こちらの講座生さんも、先ほどと同様の色の付け方で口元から底に向かって

らせん状に色が入っている花器を制作されました!

前回、制作されたものの色違いですよ☆

(前回の上級講座1月15日のブログはこちらをご覧ください)

 

23_1_29jyoukyu1.jpg

続いて、こちらも先程と同様の色の付け方なのですが、

シンプルに青いラインを一本だけ付けたグラスが出来上がりました!

アクセントで色を付けるのも良いですね~☆

 

23_1_29jyoukyu9.jpg

こちらは、パウダー状の色を茶こしを使ってガラスに色付けしています。

23_1_29jyoukyu10.jpg

底をつぶして、ポンテをとったら・・・・

23_1_29jyoukyu11.jpg   23_1_29jyoukyu12.jpg

口元を開いて、お皿が完成しました!

完成したお皿は、サンドブラストをほどこして飾り皿にされるそうです☆

2010_12_11jyokyu14.jpgのサムネール画像

前回制作された、飾り皿!

こんな感じになる予定。仕上がりが楽しみです♪

 

23_1_29jyoukyu15.jpg

こちらは何やら、打ち合わせ中・・・・

どうやら、口切りのイメージトレーニングのようです。

講座では、中級講座で習います。

(詳しい説明は、こちらをご覧ください)

23_1_29jyoukyu14.jpg   23_1_29jyoukyu16.jpg

ポンテをとった後、ピンサーで口元を引っ張って(写真左)

ハサミを入れて切っていきます。(写真右)

ガラスを引っ張った分、口元のガラスの厚みが薄くなります。

ちなみに、色はパウダー状のものを使っています。

23_1_29jyoukyu17.jpg

口元が柔らかいラインの作品が出来上がりました☆

 この形は、シリーズ化しているので、次回どのように使われているのか

聞いてみようと思います。

 

23_1_29jyoukyu2.jpg   23_1_29jyoukyu3.jpg

最後にご紹介する講座生さんは、粒状になったガラスを並べて、

線の模様を作っています。

縦に四本、線の模様が入ったグラスの完成です☆

 

このように、色の付け方はたくさんバリエーションがあることが

お分かり頂けたでしょうか。

同じ方法でも、色の付け方を変えると模様のバリエーションが増えるので、

講座生さんは、毎回研究されています。

まだまだご紹介していない方法がたくさんありますが、

また少しずつご紹介していこうと思います。

 

23_1_29jyoukyu18.jpg

(おまけ)

今回の講座では、吹きガラス講座4期生さんが3人揃われました♫

久々の再会に写真を撮らせて頂きました。

上級講座になると、タイミングが合わないと

なかなか同期の受講生同士が、同じ受講日に制作できないので

貴重な3ショットになりそうです…

次回の上級講座は2月5日(土)です!

次回も楽しい講座の様子をお伝えします♫ (M)

初級講座(13回目)

| | コメント(0)

初級講座(13回目)

今回の課題は“ボウル”の制作です。

2010_1_29_01.jpg 

西川慎先生のデモを、真剣な眼差しで見ていらっしゃる講座生さん。

今日も気合十分です!

 

それでは、デモの様子です。

2010_1_29_02.jpg

ボウルを作る際は、この様に竿を斜めにしてガラスの形を潰していきます。

この時、ガラスがきれいに潰れる様に、右手は竿先の穴を塞いで、

センターを取りながら両手でゆっくり回していきます。

きれいなおまんじゅう形になっていますね。この形が理想です。

その後、ポンテを取り、口を開いていきます。

 2010_1_29_04.jpg 2010_1_29_05.jpg

 始めに、いつもグラス等を作る際に使っている“はし”(吹きガラスの道具)を使います。(写真左)

次に、木でできた“はし”を使い

ボウルの底から口にかけて、きれいなカーブを描く様に形を整えていきます。(写真右)

2010_1_29_06.jpg

完成です。

2010_1_29_07.jpg

 講座生の皆さんは、最後まで食い入るように先生のデモを見ていらっしゃいました。

デモを見て、しっかりとイメージが出来たご様子です。

 

それでは、練習開始です!!

 

2010_1_29_08.jpg

ガラスを吹いて、くくりを入れるところまでは、

グラスを作る時(グラスの詳しい作り方はこちら)と同じです。

くくりが出来たら、いよいよガラスの形を潰していきます。

2010_1_29_09.jpg 2010_1_29_10.jpg

センターをとりながらゆっくり竿を斜めにして、潰されています。

講座生の皆さんは、この作業を2回ほど繰り返し、慎重にガラスの形を潰していきました。

 

こちらは、今からはしを使ってガラスの口を開くところです。

2010_1_29_11.jpg 

はしをガラスの口にあてて、口が開く様子を見ていらっしゃいます。

口を開く時はすぐに形が変わりやすいので、

いつにも増して、真剣なご様子で制作されています。

2010_1_29_12.jpg

次に、木のはしに換えて、ガラスの口をさらに大きく開いていきます。

この時、いつも使っているはしとは違って、道具が当たる面積が広く、

ガラスに加わる力が強くなります。

竿が止まると、きれいな形のボウルが作れないので、

竿をしっかり回すことが重要です。

講座生の皆さんは、懸命に竿を回しながらボウルの形を作られていました。

2010_1_29_16.jpg

その様子を、後ろから真剣に見られている講座生の皆さん。

道具の使い方をイメージされているご様子です。

道具を持っていない講座生さんの手にも、道具が見えてきそうですね✧

 

完成!!

2010_1_29_14.jpg 2010_1_29_15.jpg

きれいな形のボウルに仕上がっています✧

 さて、今回作られたガラス作品は、ご自宅でどの様に使われるのでしょうか。

 

 

最後に、前回作ったガラス作品を持ち、

笑顔の一枚♪

 2010_1_29_17.jpg

今回もお疲れさまでした。また、次回もがんばりましょう!!  ( N )

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年2月以降に書かれたブログ記事のうち吹きガラス講座カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは吹きガラス講座: 2011年1月です。

次のアーカイブは吹きガラス講座: 2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。