未来館: 2009年2月アーカイブ

先日、 ガラスをきれいにするために

”浮き輪の交換” と ”かいだし” をしました。

 

 

 

”浮き輪” とは

窯の中でガラスの表面に浮いている陶器の輪っか

のことです。

それを中から取り出して、新しい浮き輪を入れました。

 

bbf2f742.jpg

 窯の中はとても熱いのでサングラス、マスク、手袋をつけて作業をします。

 

 

IMG_4500.jpg 

 鉄の棒を使って、バランスを取りながら 浮き輪を取り出します。

 

 

IMG_4501.jpg 

 取り出した浮き輪です。

窯の中ではこの2つがくっついて輪っかになって浮かんでいます。

取り出したすぐなので、まだ浮き輪が真っ赤ですね。

 

 

 

 

浮き輪を取り出したら 、次は ”かいだし” です。

”買い出し”ではありません!!

窯の中で溶けているガラスを掻い出すことを ”かいだし” と言います。

 

 IMG_4510.jpg

”レードル” と呼ばれる

長い棒の先に大きな器のついた鉄の道具を使います。

それを使ってガラスをすくい上げて、

 

 

IMG_4512.jpg 

 台の上にガラスを落とします。

これを何回も繰り返し、窯の中からガラスを取り出します。

そして、新しくきれいなガラスを溶かしていきます。

 

 

 

 IMG_4518.jpg

最後に、

新しい浮き輪を入れたら終わりです。

 

 

 

こうやって、

きららガラス未来館のガラスは

透明できれいなガラスを維持しています。

 

 

 

今年もきれいなガラスで

皆さんが吹きガラス体験をされるのを

スタッフ全員でお待ちしています。

2月3日は、節分の日です

きららガラス未来館では、休館日にも関わらずスタッフ大集合で豆まきです!

ガラスの制作は、一歩間違えば火傷やケガをしてしまうこともある作業です。

鬼を追い払って今年も安全に作業ができますように、という願いを込めました。

・ ・ ・

090203.jpg

そして、節分といえば、豆まきの他には「恵方巻き」が有名ですね。

年女の食いしん坊スタッフが一番乗りで早速パクリ。

・ ・ ・

その日、帰りに車を運転していると、帰り道のたくさんの場所に豆がまかれていて、

ご近所の方たちも豆まきをしたんだなぁ~と思いながら帰宅しました。

このブログを読んでくださっているみなさまは、どんな節分をお過ごしだったのでしょうか。

 

大人になって、なかなかこのような昔からの行事を行わなくなっていましたが、

「鬼は外、福は内」ということを意識して気を引き締めることもできて、

とても新鮮に過ごすことができました。

今年豆をまかなかった!という方も、来年はぜひやってみてください♪

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年2月以降に書かれたブログ記事のうち未来館カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは未来館: 2009年1月です。

次のアーカイブは未来館: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。