サンドキャスト体験の最近のブログ記事

◆ サンドキャスト体験2015◆

5月5日のこどもの日に、サンドキャスト体験を開催致しました。

サンドキャストとは、砂の中に貝殻やおもちゃなどで型を取り

その中に熔けたガラスを流し込んで、ガラスのかたまりを作る体験です。

 

20150505_sandokyasuto01.jpg 20150505_sandokyasuto02.jpg

体験を始める前に、部屋の説明を西川慎先生にして頂きました。

 

20150505_sandokyasuto03.jpg

砂の中に型を取りたいものを入れ、その周りの砂を

手で押さえていきます。

この時に型の周りの砂をしっかり押さえていないと、

型を外した時に砂が崩れてしまいます。

 

20150505_sandokyasuto11.jpg

こちらの女の子は灯台の型を使って、型取りをしています。

スタッフと一緒に、一生懸命砂を整えていますね!

 

20150505_sandokyasuto06.jpg 20150505_sandokyasuto07.jpg

小さなお子さんだと手形や足型もとれます♪

お兄ちゃんも一緒に砂をとんとん!と整えてくれました。

今回のサンドキャスト体験も手形、足形が大人気でした!

 

20150505_sandokyasuto12.jpg

 兄妹で手形をとった後、一緒にパシャリ☆

とても仲の良い兄妹で、スタッフを和ませてくれました♪

 

20150505_sandokyasuto13.jpg 20150505_sandokyasuto14.jpg

型が出来ましたら、順番にガラスを流し込んでいきます。

竿に巻いたガラスが目の前にくると、みんな緊張していますね。

ガラスが型に流れたら、西川慎先生と一緒にはさみで切ります!

 

20150505_sandokyasuto10.jpg 20150505_sandokyasuto09.jpg

手形の指の様に細かい部分は、はさみの先で

ガラスを流してあげます。

 

20150505_sandokyasuto15.jpg 20150505_sandokyasuto16.jpg

熱いガラスを流し込むので、砂から蒸気が上がってきて

そのままだと綺麗にガラスが型どれませんので、

お箸で砂に穴を空けて蒸気の逃げ道を作ります。

綺麗なヨット型にガラスが流れていますね♪

 

20150505_sandokyasuto04.jpg 20150505_sandokyasuto05.jpg

こちらは2才の男の子の足型です。

はさみで切った後をバーナーで炙って、なじませます。

西川慎先生と一緒に、しっかり見ていますね! 

 

今年も沢山のお客様にサンドキャストを体験して頂けました。

お越し下さいました皆様、ありがとうございました。

 

サンドキャスト体験で制作した、手形や足型は子供さんの成長記録にもおすすめです♪

不定期開催の特別体験ですので、

開催の際はご予約の機会を逃さない様にして下さいね♪

(K)

子どもの日 サンドキャスト体験のお知らせ

 

2012sancast_01.jpg

 

今年も「こどもの日スペシャル」として、5月5日にサンドキャスト体験を開催します!

 

サンドキャストってなに???

サンドキャスト体験は、濡らした砂に貝がらなどを押し付けてできる窪みに、

熔けたガラスを流し込んでオブジェを作る体験です。

 

出来上がった作品には、日付と名前をスタッフが彫りこんで

お渡ししますので、記念になりますよ☆

2012sancast_02.jpg

 

また、熔けたどろどろの状態のガラスをハサミで切るので

普段は体験できない、「ガラスの柔らかさ」を体験できるのがポイント!

2012sancast_03.jpg  2012sancast_04.jpg

小さなお子さまは、危なくないように先生がしっかりと支えるので安心です☆

 

ゴールデンウィークの思い出に、

サンドキャスト体験をしてみませんか??

 

体験は予約制です。

5月5日 9時~

5月5日 10時30分~

のいずれかをお電話にてご予約下さい。

(きららガラス未来館TEL:0836-88-0064)

 

皆様のお越しをお待ちしております。 (S)

復活! サンドキャスト体験!!

 sandcast_01.jpg

きららガラス未来館でしばらく体験をお休みしていて、

お客さまからのお問い合わせも多かった『サンドキャスト体験』が、

今回ゴールデンウィークの子どもの日スペシャル体験として復活しました。

 

『サンドキャスト体験』とは、水で湿らせた砂に貝殻や手を押しつけ、

できた窪みに熔けたガラスを流し込んでペーパーウエイトなどのガラスの置物を作る体験です。

 

まずは、型の準備からご紹介します♪

sandcast_03.JPG  sandcast_05.JPG

貝殻や手を砂に押し付けたら、周りの砂を手のひらで押して固めます。

そして、そ~~~~っと砂から取り出すと…

sandcast_04.JPG  sandcast_06.JPG

キレイに形が残っていますね!

 

未来館では型取り用に、大きな貝殻や野球ボールなど

色々な形の物を用意していますが、やはりお勧めは手形!

なんといっても、年々大きくなる子どもたちのその時の

手の大きさを残しておけるので、とてもいい記念になります。

 

熔けた高温のガラスを常温に戻したり、洗ったりという作業を経て、

お客様にお渡しできるのは1週間後です。

その間に、スタッフがひとつひとつの作品に日付とお名前を彫り込んでいきます♪

手で型を取った子どもが10年後に自分の手と比べて

「うわぁ~おっきくなったなぁ!」とビックリする光景が目に浮かびます☆

 

ちなみに、 サンドキャスト体験は、 「砂に手や貝殻を押し付けるだけ」 ではないんですよ!

熔けたガラスをハサミでチョッキン!!!と切るのもお客様にやっていただきます。

熔けたガラスの柔らかさを体験できる滅多にないチャンスなので、

子どもたちも怖がりながらも興味深々の様子。 

いくつかのチョッキン!ショットをご紹介します。

sandcast_09.JPG  sandcast_10.JPG

sandcast_11.JPG  sandcast_08.JPG

sandcast_12.JPG  sandcast_13.JPG

皆さん上手に切れていますね!ナイス!

 

ガラスをハサミで切り取ったら、ガラスの周りに穴を開けます。 

sandcast_14.JPG  sandcast_15.JPG

そうすることで、ガラスの熱をうまく逃がして、キレイな作品に仕上げることができるんですよ☆

 

今後も、夏休みなどのご要望が多い時期を中心にサンドキャスト体験を開催する予定です。

時期が決まりましたらお知らせ致します!皆さまのご予約お待ちしております。(S)

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちサンドキャスト体験カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはグラスアンサンブルです。

次のカテゴリはサンドブラスト体験です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。