ガラスコンシェルジュ: 2012年1月アーカイブ

親子でガラスコンシェルジュになろう!(展示・講評)

 

親子でガラスコンシェルジュになろう!は、 

全5回の体験プログラムに参加して頂き、

1月9日(月・祝)に、5回目の最終日を迎えました☆

 

朝一番で、宇部日報の記者さんが

コンシェルジュの記事を大きく掲載して

頂いた(1月1日付 44ページ) 新聞を持参して下さり、

参加者の皆さんへと新聞を頂きました♪

    2012010900.jpg

どんな記事が載っているかな!?

興味津々と、記事を皆で読ませて頂きました☆

温かいご配慮、ありがとうございます。

 

今回は、制作した作品を展示しました。

まずは、5つの展示台にどのように作品を並べるかを

公平に、くじ引きで決めました。

2012010901.jpg

展示の場所が決まったら、

さぁ、展示を考えよう!!

これまで制作した、①エナメル絵付け、②サンドブラスト

③キルンワーク(お皿、箸置き)、④吹きガラス

①~④までの作品を並べて、まずは親子で相談開始♫

皆さん、思い思いに作品と一緒に並べる

小物を用意して下さいました!!

 2012010902.jpgのサムネール画像 2012010904.jpgのサムネール画像

2012010905.jpg

親子で相談が終われば、次は一緒に作品を

並べるペア同士で相談開始♪

お互いの作品が、心地よく見えるように考えます。

 

悩んでいると、西川慎先生、池本美和先生

アドバイスも入り、ぐんぐん作品が輝いてきます♪

2012010907.jpg 2012010906.jpg

皆さんがそれぞれ考えながら、

制作した作品と向き合って下さいました☆

 

同じ展示台で作品を並べるペアでの、

記念撮影です♪

2012010908.jpg 2012010909.jpg

2012010911.jpg 2012010912.jpg2012010910.jpg

 

作品の構成が出来れば、

いよいよ、展示台にならべます!

並べてみて、また話し合いをして構成を完成させました☆

 

 2012010913.jpg 2012010914.jpg

2012010915.jpg 2012010916.jpg

構成が完成したところで、講評会が始まりました。

ガラス制作を体験してみた感想や

展示のどの部分にポイントを置いたのか等

作品の前に立って、説明してもらいました♪

 

ガラス制作体験をしてみて、

「ガラス制作体験を通して、いろいろな技法があることを知りました。」

「吹きガラスでは、ガラスの形がどんどん変わっていくのが面白かった。」

「キルンワークでは、出来上がりを想像するのが難しかった。」

展示では、

「緑色が好きなので、緑色でまとめてみました。」

「お花が好きなので、お花が良く見えるように展示しました。」

「作品を見てもらう対象を絞って、展示を考えました。」

等々、作品への愛情や思い入れを感じるコメントでした!

 

そして、西川慎先生からコメントも頂きました☆

2012010918.jpg 2012010917.jpg

一生懸命に取り組んで頂いた参加者の皆さんは、

見事に、ガラスコンシェルジュに認定されました♪♪

 (認定式は、3月24日となります。)

 

無事に全5回のプログラム終了!

最後に皆さんと一緒に、乾杯しました☆

 

2012010919.jpg

参加して下さった皆様の熱心な取り組み、

そして多くの方々にご協力を頂いたお蔭で、

今回の企画が大成功という形で終えることが出来ました。

皆様のご協力、本当にありがとうございました。 

 

きららガラス未来館では、

親子でガラスコンシェルジュになろう!作品展を行っております。

思いい思いに作られた、素晴らしい作品たちを

是非とも、ご覧ください!!!

一般投票も行っていますので、好きな作品を選んでみて下さいね。

入館無料ですので、素敵な作品に会いに来てください☆

お待ちしております♪(K)

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年1月以降に書かれたブログ記事のうちガラスコンシェルジュカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはガラスコンシェルジュ: 2011年12月です。

次のアーカイブはガラスコンシェルジュ: 2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。