山陽小野田市のきららガラス未来館 スタッフブログでタグ「メンテナンス」が付けられているもの

 ガラスの窯を修繕しました!(2017年) 

 

今日は少しマニアックなお話しです。

きららガラス未来館でガラスを熔かしている窯(熔解炉)は、一年中稼働しています!

一度火を入れたら、休むことなくガラスを熔かし続けます。

 

稼働中の窯の温度は約1,200℃~1,000℃と高温です!

ずっと稼働していると窯も傷んでくるので、

毎年1月は熔解炉や加工機のメンテナンスを行っています♪

12月末に窯の火を停めて、徐々に温度を下げていき、

窯に触れるようになるまで約1週間ほどかかります。

 

maintenance_2017 (1).JPG

年が明けてメンテナンス開始です!

まずは、溶解炉の前面部を動かして、ガラスが熔けていた坩堝(るつぼ)を取り出せるよう準備します!

メンテナンスの時期にしか見る事のできない窯の姿です。

 

maintenance_2017 (3).JPG maintenance_2017 (4).JPG

次に、1年間お世話になった炉材達を剥がしていきます。

メンテナンス中は粉塵が舞うので、マスクは欠かせません!

 

maintenance_2017 (5).JPG

坩堝を取り出した後は、窯の底面部にある炉材も剥がしていきます。

窯本体を傷つけないように、西川慎先生が見極めながら剥がしていきます。

 

maintenance_2017 (6).JPG 

かまくらの様になっている窯の内部を修繕中・・・。

スタッフが練っている耐火素材を、細かいヒビや穴に埋めていきます。

ここでお気づきかと思いますが、坩堝は丸ごと交換しなければいけないのですが

窯本体は、修繕をしながら使い続けています。

未来館が開館してから12年間、修繕を重ねながらまだまだ現役の窯なのです!

 

maintenance_2017 (7).JPG maintenance_2017 (8).JPG

新しい坩堝を入れたら、坩堝を覆うレンガや炉材を新調して

1年間稼働できるように仕上げていきます☆

 

maintenance_2017 (9).JPG

離していた窯の前面部を元に戻して、ネジで固定します。

 

maintenance_2017 (15).JPG maintenance_2017 (17).JPG

ガラスの巻き取り口にも、新しい炉材を付けて仕上げていきます。

左官職人のようにコテを使いこなす、西川先生!!

仕上がりが美しいと、強度も増すので大切な工程です。

熔解炉の修繕は一旦終了です。

 

  さて、メンテナンスは溶解炉だけではありません。

同時進行で他の機材も修繕していきます!

maintenance_2017 (2).JPG maintenance_2017 (10).JPG

 ボロボロになったグローリーホールの扉・・・

 

maintenance_2017 (11).JPG

 サビが浮き出た加工機のペンキ塗り・・・

 

maintenance_2017 (14).JPG

そして今回大がかりだったのは、徐冷炉のドアの修繕でした。

ドアが傾いて開閉しにくかったものを直していただきました!

 

maintenance_2017 (12).JPG maintenance_2017 (13).JPG

溶接→削り→溶接・・・

熔解炉の火が停まっているのでいつもは暖かいホットショップも

この時は屋外と変わらぬ室温!!

 

maintenance_2017 (16).JPG

 調整を重ね、スムーズに開閉するようになりました☆

西川先生、寒い中お疲れ様でした!!

 

約一ヶ月かけてホットショップ、加工室の様々な機材のメンテナンスを行ってきましたが、

今週末(1月28日)から吹きガラス上級講座が始まりますので、

いよいよガラスを熔かす準備に入ります。

 

 maintenance_2017 (18).JPG maintenance_2017 (19).JPG

写真左、 熔解炉から光が漏れていますね。

1月19日に火入れを行い、現在の窯の温度は1400℃!!

新しく入れた坩堝は、素焼きの状態なので窯の中で焼締めをします。

その後ガラスの原材料を坩堝に入れて修繕が終了します☆

 

1年に一回のメンテナンスですが、窯の状態を知り、年ごとに合わせた

修繕を行っていくので、とても勉強になります。

また修繕に参加することで、

12年間保っている窯を大切に受け継いでいこうと気持ちになります。

 

また1年間、新たな気持ちで体験や講座を行っていこうと思います♪

皆様宜しくお願い致します!

(M)

ホットショップメンテナンス!

|

ホットショップメンテナンス!

 

年が明け、初日からホットショップ(吹きガラスの部屋)のメンテナンスを行っています。

 吹きガラスの熔解炉をはじめ、様々な設備や道具を修繕します。

 

 2011mainte1_01.JPG

火を止めた熔解炉の様子。

いつもはあたたかいホットショップも、火が消えていると静かで寒い!!

 

 2011mainte1_02.JPG  2011mainte1_03.JPG

(左)熔解炉のドアを外し、

(右)中にあるるつぼを取り出しました。

長く使うと少しずつ虫歯のように穴が開いていくので、新品に交換します。

取り出したるつぼは現在きららガラス未来館に展示してあるので、

未来館にお越しの際は、るつぼに穴の開いた様子をぜひ見てみて下さいね。

 

2011mainte1_04.JPG

ドアや、熔解炉の中などの古い炉材を削り、

 

2011mainte1_05.JPG

また削り、

 

 2011mainte1_06.JPG

どんどん削り…

 

2011mainte1_07.JPG

新しいるつぼが入りました!!

「よしよし、やっとここまで来たぞ!もう一息!」

西川慎先生の気合が入ります☆

  

そして熔解炉のドアを閉め、そのドアを外側からまた補修し…

2011mainte1_08.JPG

きれいに仕上がりました!!

もう少ししたら火を付けて、徐々に温度を上げていきます。

 

1月21日の吹きガラス講座が新しい熔解炉のデビューの日です。

きれいなホットショップで、講座生の皆様が気持ちよく作業できるよう、

現在掃除やペンキ塗りを行っています。お楽しみに!

 

・ ・ ・

 

作業の後。

2011mainte1_09.JPG

作業着を着ていても相当ホコリっぽくなるので、

掃除機でお互いゴミやホコリを吸い取ります。

完全防備でメンテナンスを行っているため、ご見学の方は

「いったい何をやっているんだろう?」

と驚かれたみたいです。

 

来週からホットショップも本格的に稼働します!

吹きガラスの講座や体験で皆様にお会いできるのを楽しみにしています♪ (S)

タグ

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。