山陽小野田市のきららガラス未来館 スタッフブログでタグ「吹きガラス、講座」が付けられているもの

初級講座(18回目)

|

初級講座(18回目)

 

今回からは、今までの総復習!ということで、

『グラスやボウルなど、これまで学んだ形から好きな形を制作する』

というもの。

 

皆さんそれぞれ自分でデザインした器を制作しました。

たとえばこちらは、一つの器の中に2種類の方法で泡を入れています。

2011_03_19_01.jpg  2011_03_19_02.jpg

つついてみたり、重曹(タンサン)を溶かした水をかけて見たりと工夫を凝らしています!

 

これまでずっとボウルやグラスなど、同じものを制作してきましたが、

今日はどれでもOK!ということで、皆さんの作品がなぜか巨大化していき、

いつも使うポンテ竿よりも太い竿を使い、活気のあるホットショップになりました☆

 

次週は、なんと1日2回講座があります!

どんなものを作られるのか、私達も楽しみです♪

 

さて、前回制作した口を引っ張って制作する花器を、加工後に並べてみました。

2011_03_19_03.jpg

同じだけれど、同じではなく、それぞれ違いが出ていておもしろいです。

皆さん他のメンバーの作品を見ては、

「コレいいわね~~」「いやいや、こっちの方が!」と話も盛り上がります。

 

そして、最後に恒例の記念撮影!

7期生さん、次回で初級講座が修了になります。

もう1日、頑張りましょうね~~~♪ (S)

10月9日の土曜日に、第7期 吹きガラス初級講座がスタートしました!

 

101009_kouza01.jpg

まずは、講座生の皆様とスタッフの自己紹介から。

講座を受講するきっかけやこれからの抱負など、いろいろなお話を伺うことができました。

 

101009_kouza02.jpg

そして、講座といえばコレ!「Myノート」です。

吹きガラス講座のためのノートを作っていただき、

先生の言葉や、道具の名前、作業の工程などをメモしていきます。

最初のうちは良く分からない用語や作業工程も、

半年後や一年後に読み返してみると納得できることがたくさんあります。

気になることをどんどんメモして、これから役立ててくださいね。

 

101009_kouza04.jpg  101009_kouza03.jpg

まずは、ホールに展示している6期生の皆様の初級講座時代の作品を見学、

そして、ホットショップやコールドショップという施設の説明、道具の説明などを行いました。

 

さて、いよいよ熔けたガラスの熱さを体験します!

101009_kouza05.jpg

溶解炉の扉を開け、実際にガラスが熔けている所を見ています。

吹きガラスでは、ガラスを1200度で熔かしています。

扉を開けるだけでもすごい熱気!!思わず体がのけぞってしまいますね。

 

今回は見るだけでしたが、次回以降は実際にガラスを巻き取る作業を練習していきます。

7期生の皆さま、心の準備をしておいてくださいね。

 

続いて、熔けたガラスのやわらかさを体験します。

101009_kouza07.jpg  101009_kouza08.jpg

スタッフがガラスを巻き、池本美和先生がベンチで竿を回します。

竿の先端にあるガラスを、ガラス用のハサミで切ったり、ピンセットでつまんだりするのですが…

思った以上にガラスがやわらかい!!

 

つまんでいるうちにガラスが垂れてきたり、

長く伸びすぎてしまったりと、はじめのうちは悪戦苦闘の様子でしたが、

普段は知ることの出来ないガラスのやわらかさに触れ、

だんだん皆さんの表情も和らいできました。

とってもいい表情の写真が撮れましたよ♪

101009_kouza11.jpg  101009_kouza10.jpg

101009_kouza09.jpg

101009_kouza12.jpg  101009_kouza13.jpg

 

全員が2回ずつガラスを切ったりつまんだりした後、

西川慎先生によるデモンストレーションがありました。

カメラを手にシャッターチャンスを狙う女性陣!!!

101009_kouza14.jpg

さて、いったい何を作っているのでしょうか??

 101009_kouza15.jpg

だいぶ形が見えてきました…

 101009_kouza16.jpg

実は、ガラスで出来た「馬」を作っていました。

ガラスがやわらかい内に作業しないといけないので、

かなり素早い動きでしたが、いい写真が撮れたでしょうか?

 

吹きガラス講座は、今回が7期目となりますが、

講座初日から講座生の方がカメラを持ってこられたのはこれが初めてです!

デモンストレーション中のガラスの形の変化を撮影したり、

吹いている自分の姿を撮影してもらったり、これから色々と役に立ちそうですね。

 

吹きガラス初級講座 第7期生の皆さま、これから半年間よろしくおねがいします。  (S)

 吹きガラス中級講座が始まりました♪

100410_11.jpg

吹きガラス講座第6期生の皆さんが

初級講座を半年間受講し、中級講座へと進みました。

 

第1回目の吹きガラス中級講座は“ビット”の練習です☆

 

100410_10.jpg 100410_9.jpg

“ビット”とはグラスやお皿などの本体を作った後に、

新しく巻き取って本体に付けるガラスの種のことで、

道具を使って葉っぱや羽、ボタンの様なパーツを作ります。

 

講座の始めに西川慎先生の“ビット”のデモンストレーションがありました。

100410_8.jpg

これは、葉っぱを作っているところです。

ピンサーでつまんで少しねじり、葉っぱのひらっとした感じを作っています♪

 

100410_7.jpg

“ビット”のデモ作品です☆

羽や取って、台などの一般的な“ビット”を一通り付けたので、

不思議なオブジェが出来上がっていますね。

 

さて、いよいよ“ビット”の練習開始!!

ビットを付ける前にイメージトレーニングをして、それから実践します。

 

100410_6.jpg

こうやって付けて、しっかりガラスを切って…

 

100410_5.jpg

ガラスの種を付けたら、ガラスをはさみで切って

…ちょきん!!

 

100410_4.jpg

その後に、道具を使って形を変えます。

 

 

完成です☆

100410_2.jpg  100410_3.jpg

初めて“ビット”が付いて、思わずにっこり♪ 

 

最後は講座生さんが片側のベンチに集合!!

他の講座生さんが練習されているのを見て、今日の課題である“ビット”の復習をしていました。

100410_1.jpg

第6期生の皆さんもとても勉強熱心です。

これからもこの調子で吹きガラス制作を学んでいきましょう♪

私達スタッフも皆さんに負けないように一生懸命お手伝いをいたしますので、

今後もきららガラス未来館をよろしくお願いします!!

 

                                    ( N )

 

タグ

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。