山陽小野田市のきららガラス未来館 スタッフブログでタグ「吹きガラス講座 初級」が付けられているもの

初級講座(15回目)

|

初級講座(15回目)

今回は、ボウルやお皿を制作しました。

2011_2_12syokyu1.jpg  2011_2_12syokyu2.jpg

2011_2_12syokyu3.jpg

ポンテをとるのにも慣れてきた様子の講座生さん。

 声を掛け合って、竿を渡すタイミングを合わせます。

2011_2_12syokyu5.jpgのサムネール画像   2011_2_12syokyu6.jpg

2011_2_12syokyu7.jpg 

使いやすそうなサイズのボウルが完成しました!

前回制作された時よりも、上達されましたね!

皆様納得の仕上がりです。

 

2011_2_12syokyu8.jpg

こちらも完成!

ガラスの基本の形を大切にしながら制作されたので、きれいなお皿が出来上がりました☆

西川慎先生、良い笑顔♫

 

2011_2_12syokyu9.jpg

こちらの講座生さんは、前回制作したお皿が小さめだったことから、

今回は大きなお皿に挑戦です!

重曹入りの水を使って、模様を描いています。

どんな模様になるのか、ドキドキしながら見守っています。 

2011_2_12syokyu10.jpg

二回目を巻いた直後!

大きい作品を作る時は、ガラスをたくさん巻くので

普段より竿が重たくなります。頑張ってください!

2011_2_12syokyu11.jpg  2011_2_12syokyu12.jpg

ボウルまで作れたら、グローリーホールの中で口を開ききってお皿にします。

自然にアシスタントをしてくださる講座生さん達(写真左)

ありがとうございます!!

パドルを使って、お皿の立ち上がりの角度を調節したら・・・

2011_2_12syokyu13.jpg

完成です☆

大きな作品の制作を終えて、

講座生さん、スタッフ共に達成感のある講座となりました。

 

2011_2_12syokyu15.jpg

加工は、前回制作したお皿を仕上げました。

また、講座生さんのお一人が初期の講座中に制作した

ペーパーウェイトにサンドブラストをされました。

お姉さまにプレゼントされるそうで、お名前に「穂」がつくことから

稲穂のデザインにイニシャルの「H」を入れてあります。

ご自分の作品をプレゼントされるとは、粋ですね☆

 

初級講座も残すところあと5回となりました。早いものですね~

講座を重ねるごとに皆様が上達されて、スタッフ一同感動しきりです。

次回は新しい技法を学びますので、楽しみにしていてください☆ (M)

初級講座(11回目)

|

初級講座(11回目)

 

年明け初めての吹きガラス講座は、初級講座からスタートです!

昨年の最後の講座から、約1ケ月ぶりの講座とあって

皆様、久々の吹きガラス制作に少々緊張気味・・・。

西川慎先生のデモンストレーションを見て、制作手順を思い出しましょう!

 

2011_1_15syokyu1.jpg

今回は、前回に引き続きグラスを制作します。

詳しい手順は、初級講座9回目をご覧ください☆

2011_1_15syokyu2.jpg

底を作ったら…

2011_1_15syokyu3.jpg

「今回から、ポンテは自分で取ります!」

西川慎先生の発言に、講座生さんビックリです。

 

ポンテは吹きガラス制作では欠かせない作業です。

吹きガラス制作では、本体の底と口元を同時に作ることが出来ないので

底が出来上がった時点で、吹き竿と本体を切り離して、竿を交換する必要があります。

 

では、先生のお手本です。

2011_1_15syokyu4.jpg

グラスの底の部分に、アシスタントがガラスの種が付いた竿を持ってきます。

ブロワー(制作している人のこと)は、種をグラスの底の中心を狙って付けます。

今までは、スタッフがポンテを付けていたのですが、

これからは講座生さん自身が付けていきます。

また、新しい技術を学びましたね!

 

それでは、実践してみましょう☆

2011_1_15syokyu5.jpg

まずは、ガラスが付いていない状態で練習です。

イメージトレーニングが大切です。

手順の流れを掴んでいきます。

2011_1_15syokyu6.jpgのサムネール画像   2011_1_15syokyu8.jpg

2011_1_15syokyu9.jpg

これまでのおさらいです。

ポンテを付けるところまで順調に作ってらっしゃいます♪

 

いよいよ、ポンテ!

2011_1_15syokyu10.jpg

おっっ!センター(真中)についてます☆

狙いを定めることと、思い切りが大切です!

2011_1_15syokyu11.jpg

こちらの講座生さんも、センター!!

うしろの講座生さん、思わず拍手です☆

2011_1_15syokyu12.jpg

ポンテの後は、口を広げて完成です。

皆様、昨年に引き続き、合計3つ目のグラスが完成しました♫

年末年始は、今まで制作したグラスを使って

ワインやビールを飲まれたそうです☆ご家庭で大活躍のようでした。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

そして、来週からは講座生さんがポンテをとるだけではなく、

ポンテ自体も作ります。

と、いうことで、特訓!

2011_1_15syokyu13.jpg  2011_1_15syokyu14.jpg

ガラスが付いていない竿を使って、ガラスを巻いた状態を

イメージしながら、マーバーをかけてポンテを作る練習です。

美しい並びに、思わず激写です。

 

2011_1_15syokyu15.jpg

ガラスを巻いて練習中です。

次回は、練習ではなく本番ですよー!実践しながら、覚えていきましょうね★

来週も頑張りましょう! (M)

初級講座(10回目)

|

初級講座(10回目)

 

初級講座全20回の折り返しになりました。

12月11日(土)に行われた、今年最後の講座をお伝えします。

2010_12_11syokyu1.jpg

前回に引き続き、グラスを制作中!

二回目ということもあり、落ち着いて制作されています。

2010_12_11syokyu6.jpg

ひとつひとつの工程を確認しながら、丁寧に仕上げていきます。

2010_12_11syokyu2.jpg  2010_12_11syokyu4.jpg

2010_12_11syokyu3.jpg  2010_12_11syokyu5.jpg

皆さん完成です☆

前回よりも、確実にステップアップして完成度が増しています。

これで、お正月はご自分で制作されたグラスを使って乾杯できますね♪

 

2010_12_11syokyu7.jpg  2010_12_11syokyu8.jpg

制作が終わったら、前回制作したグラスを加工します。

平盤で底を平らにして…(グラスがきれいに作れているのでスタッフもにっこり♫(写真左))

回転台に乗せて、まっすぐ加工できているか

チェックも行います。どうやら西川慎先生も納得の、良い仕上がりのようです。(写真右)

 

この加工中に、ホットショップではいそいそと、とある準備が行われています。

2010_12_11syokyu9.jpg

↑↑ コレ!! ↑↑

何だと思いますか??

 

正解:グローリーホール(ガラスを温め直す機械)の中で焼かれるサツマイモ

 

 ホットショップの作業が終わると、グローリーホールの火を消すのですが、

作業中は約1200℃に保たれている窯なので、なかなか冷めません。

そこで、余熱を利用してサツマイモを焼いていたんです☆

サツマイモは中までホクホク!石焼いも屋さんで購入したかのような

完璧な仕上がりでした。

2010_12_11syokyu10jpg.jpg  2010_12_11syokyu11jpg.jpg

今年最後の講座なので、みんなでおイモを囲んでしばしお話をしました。

皆様、お疲れ様でした!

来年の講座もよろしくお願い致します☆

2011年は1月15日(土)が講座初めです。

また新しい技法を学んでいきますよ。楽しみにしていて下さい! (M)

初級講座(4回目)

|

 初級講座(4回目)

今回は紙リン(濡らした新聞紙)の使い方を学ぶ為に、

再度ペーパーウェイト制作を行いました。

紙リンは、ガラスの形を整える上で無くてはならない、大切な道具です。

基本的な使い方を覚えることで、ガラス成形の技術が向上します。

kouza_101030.jpg

形を整える時は竿元から先端へ、少しずつ確実に行うことが重要です。

講座の回を増すごとに、ガラスが大きくなっています・・・

kouza_101030_2.jpg

そして今回は新しい泡の入れ方も教わりましたよ。

いつもは下玉のガラスに重層をふりかけて泡を作ります。

今回はピンサーでつついて、下玉にわざとへこみをつくります。

この状態でもう一層ガラスを巻くと、へこんだ部分が泡になります。

 新しい技法を教わりさっそくチャレンジ!

 

 kouza_101030_3.jpg

ガラスにくくりを入れるのは、西川慎先生にお任せします。

次回から、講座生さんも始めるので見つめる眼差しが真剣です。

 

kouza_101030_4.jpg

池本美和先生のベンチでもくくっていますよ。

でかい!!

 

kouza_101030_5.jpg  kouza_101030_6.jpg

完成ですよ~!!

立派な卵型のペーパーウェイトです☆

 

そして、さらに今回講座生さんが新しく学んだことは・・・

kouza_101030_7.jpg  kouza_101030_8.jpg

アシスタントです!

紙リンをかけていると、ガラスにあたる面の新聞が焼けて煙が発生します。

この煙が目に染みるので、アシスタントはエアーで煙を飛ばします。(写真左)

 

もう一つ大事な仕事は、使った紙リンに水分を与えることです。

ずっと同じ紙リンを使っていると、ガラスの熱を吸収して熱く

なってくるので、紙リンをまるごとバケツの水の中に入れて水分を

与えると共に、冷ますことも必要です。(写真右)

 

今回の講座はここまでです。

次回は、ガラスにくびれをつくる「くくり」の作業と、加工を行いますよ☆(M)

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

(おまけ)

kouza_101030_9.jpg

加工待ちの卵たちがこんなに。

タグ

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。