山陽小野田市のきららガラス未来館 スタッフブログでタグ「竜王山」が付けられているもの

竜王山はなだより(2017年4月25日) ~春の花たち~

自然観察員の嶋田さんより「竜王山だより」が届きました!

・ ・ ・ ・ ・ 

キランソウ.jpg

モモイロキラン.jpg

新緑が日々鮮やかになってきて、春本番となりました。

竜王山の山野草も賑やかな饗宴を繰り広げています。

枚挙にいとまはありませんが、3種ご案内します。

キランソウが方々で地を這うように咲いています。

耳観音より100m上の駐車場では珍しいモモイロキランソウ、

フデリンドウを一緒に見ることが出来ます。

フデリンドウは頂上から配水池間の園路に沿って

沢山咲いています。今後10日間が見頃です。

フデリンドウ_2.jpg 

・ ・ ・ ・ ・ 

桜の花も散って、春も深まってきましたね✿

晴れた日はお散歩にちょうどいい季節になりました!

ふと足元に目をやると、可愛いお花が咲いているかもしれませんよ♪

 

( I )

 

 

 吹きガラス・サンドキャスト《2017年4~6月体験日のご案内》

 

日ごとに暖かくなり、晴れた日は春らしい気候を感じるようになりました。

春の訪れももうすぐですね✿

未来館のすぐ近くにある竜王山は、

1万本の桜や約500本のツツジが咲くお花見スポットでもあります!

また海沿いを散策しながら、のんびりした時間を過ごせますよ♪

 

2017年4月~6月の吹きガラス体験日程のご案内です! 

2017年4~6月(ブログ用).jpg

 

この春のお出かけに、お花見とガラス体験はいかがでしょうか?♪

2017_0317hukibosyu_2.jpg 2017_0317hukibosyu_5.jpg

 

また、5月5日のこどもの日は「サンドキャスト体験」を開催します。

湿らせた砂で型を作り、熔けたガラスを流し込んで

手のひらサイズのガラスの置物を制作します!

2017_0317hukibosyu_3.jpg 2017_0317hukibosyu_4.jpg

小さいお子様は、握りこぶしや足形にも挑戦できます♪

1年に一度、この日限定の体験ですので、

ゴールデンウィークの思い出にいかがでしょうか?

 

ご予約・お問い合わせはお電話にて受付ております。

☎0836-88-0064

どちらの体験も、定員になり次第受付を締め切らせて頂きますので

ご希望の方はお早目にお申込み下さい!♪

( I )

竜王山はなだより(2017年3月11日)  ~アマナ~
 
自然観察員の嶋田さんより「竜王山だより」が届きました✿
 

アマナ.jpg

竜王山花開き

 
「今年も竜王山の花開きはアマナからです。
11日の春を感じらせる気温の中、アマナが開花しました。
1週間後がピークとなり約2週間は楽しめそうです。
アマナはユリ科の花で曇天、雨天では花は閉じたままです。
花茎は10~15cm、花の大きさは2~2.5cm。
竜王山の中腹駐車場50m手前の車道両脇で見られます。
この場所は日当たりが遅いので11時頃になると花開きます。」
 
 
今日はお天気も良く、少し春を感じさせる1日でした。
桜の季節がもう間近です。
竜王山の満開の桜を見るのが待ち遠しいですね♪
 
( I )

 キャンドルナイトミニコンサート(2016/7/23開催!!)準備中☆

 

いよいよ明日に迫りました、

焼野協賛イベント「キャンドルナイトミニコンサート」!

イベント詳細は、夏の特別企画【焼野協賛イベント】を行います☆をご覧くださいね♪ 

 

スタッフが毎日準備 を進めていたものがあります・・・

それがこちらっ!!

candle_naight2016 (1).jpg candle_naight2016 (2).jpg

ミニコンサートで使用する、キャンドルホルダーです♪

ガラス専用の「エナメル絵具」で着彩し、

  

candle_naight2016 (4).jpg

電気炉に入れて、絵具を焼きつけて完成します☆

カラフルなキャンドルホルダーでは火を灯すと印象がガラッと変わります!! 

 

candle_naight2016 (3).jpg

 写真は、ホルダーのほんの一部です。

明日は、ゲストの方々と皆様を幻想的な空間へお招きしますよ♪

 

先程、ゲストの方の練習を拝聴しましたが、

とっても和やかな演奏で、キャンドルの雰囲気にぴったり!!

明日がより楽しみになりました(*^_^*)皆様是非お越し下さいね♪

 

≪キャンドルナイトミニコンサート≫ 

 会場:竜王山公園オートキャンプ場 管理棟2階

開場:18:30

開演:19:00

※ご来場の際は、竜王山中腹駐車場をご利用下さい。

また駐車場までは坂道ですので、歩きやすい靴でお越し下さい。 

竜王山はなだより(2016年6月15日) ~オカトラノオ~

 

自然観察員嶋田さんより「竜王山はなだより」が届きました!

 

 オカトラノオ_2.JPG

オカトラノオ(サクラソウ科)

梅雨に入り竜王山では花が少ない時ですが、オカトラノオが見ごろを迎えました。

花穂(10cm)を虎の尻尾に見立てたものです。

モリアザミの群生地やあちらこちらで見られます。

この写真は25年ぶりの群生となりました。

腰くらいに伸びた草を掻き分けると数箇所で群生してます。

あと10日間くらいが見ごろとなります。 

 

☆お知らせ☆ 

アサギマダラおいでませ作戦第7弾

6月20日(月)9:00~竜王山中腹駐車場で行います。

小雨決行です。ご案内いたします。

島田紀和 

 竜王山だより(2016年5月22日) ~ハマセンダン

 

自然観察員の嶋田さんより、竜王山はなだよりが届きました!

 

--------

 センダン.jpg

ハマセンダン(センダン科)

竜王山の赤崎登山口から配水池付近に

ハマセンダンが満開になっています。

特にこの付近に多く、歩いていると風が芳香を運んでくれます。

竜王山では高いものは15m以上あるでしょう。

 

センダンの花.jpg

配水池広場は花見に最適です。

後1週間は楽しめそうです。

 

嶋田紀和

--------

 

いつの間にか5月も終わりに差し掛かり、

竜王山も少しずつ春から夏へと季節が変わり始めます。

夏に入る前に、まずは梅雨のじめじめした季節がやってきますが

そんな時期にしか見ることのできない

植物や自然の姿に目を向けるようにしたいですね♪

 

( I )

 

竜王山だより(2016年5月7日) ~コバノタツナミ

 

自然観察員の嶋田さんより、竜王山はなだよりが届きました!

 

--------

春が深まり竜王山の新緑が素晴らしい

季節になりました。そんな中、コバノタツナミが
見ごろになりました。
 
コバノタツナミ.jpg
 

バノタツナミ(シソ科)

竜王山のコバノタツナミが見ごろとなりました。

葛飾北斎の浮世絵にある波頭のイメージからこの名がつきました。

高さは10~20cm。

葉に毛があるところからビロードタツナミとも呼ばれます。

 

竜王山ではいたるところにありますが、

キャンプ場上部車道の山側の斜面の群生が圧巻です。

GWくらいまでが良いでしょう。

この他アスレチック付近のウマノアシガタも見ごろです。

 

嶋田紀和

 
--------
 

連休も残りわずかとなり、コバノタツナミの見頃もあと少しです!

GWにキャンプ場を訪れたお客様は、こちらのコバノタツナミを見かけた方も

多いのではないでしょうか。

竜王山に春しか見れないお花も沢山咲いているので、

皆様もお天気の良い日にお散歩されてみてはいかがでしょうか?(K)

竜王山だより(2016年4月10日) ~フデリンドウ~

 

自然観察員の嶋田さんより、竜王山はなだよりが届きました♪

 

- - - - - - - - - - -

 

竜王山は3月中旬から花の季節となっています。 

これから一ヶ月間は竜王山が一番輝く時です。

 さて、「はなだより」です。本日撮ったフデリンドウです。

フデリンドウ(2).jpg

フデリンドウ(リンドウ科) 

フデリンドウが見ごろです。

花のつぼみが筆のように見えるところからこの名がつきました。

高さは10cm弱、冠は2cm。

 

曇天雨天では花は開かない。陽がさすと鮮やかな青紫色目に飛び込んできます。

竜王山では頂上から配水池コースの路傍に多く咲き、中旬ごろまで見ごろです。

写真はモリアザミの群生地で撮影。

 

 

アケビ(2).jpg  ミツバアケビ(2).jpg 

このほかアケビ(左)、ミツバアケビ(右)などの花も咲いています。

アケビの花は雌雄異花で大きいのは雌花です。色と形が素晴らしいですね。



嶋田紀和

 

- - - - - - - - - - 

フデリンドウの鮮やかな色は、竜王山でも一際目を引くでしょうね!

アケビは雌雄同株だそうですが、雌雄異花とは初めて知りました!

どちらも美しい花ですね☆

小さいころ食べた、アケビの実の美味しかったことを思い出します・・・。

 

桜の季節を終えた竜王山ですが、これから暖かくなるにつれ

色鮮やかな野花が咲きほこるでしょうね♪

 続報を楽しみに待ちたいと思います! 

(M)

竜王山だより(2016年3月24日) ~ヒトリシズカ・続報~ 

 

自然観察員の嶋田さんより、竜王山はなだよりが届きました。

以前ご案内した「ヒトリシズカ」の続報ですよ♪

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

先にヒトリシズカについて開花のご案内をいたしましたが、見ごろとなりました。 

 そのブログはこちら→「竜王山はなだより(2016年3月17日) ~ヒトリシズカ~

ヒトリシズカ3.jpg

頂上手前の道路脇はみごろ。

同箇所の西側斜面はこれから月末にかけてみごろとなります。

これだけの群生は近辺では見られません。

竜王山の春を代表する花の一つです。

 

さくらの標準木の蕾が膨らみじきに開花するでしょう。

花も人も賑わう季節になりました。

 

嶋田紀和

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

開花の様子が不思議な花ですね!

今週は寒の戻りで少し寒くなりますので、

満開の桜が見れるのはもう少し先になりそうですね・・・

これからの情報に期待です☆

(M) 

竜王山はなだより(2016年3月17日) ~ヒトリシズカ~

 

自然観察員の嶋田さんより、春の「竜王山はなだより」が届きました!
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 

竜王山にヒトリシズカが咲き始めました。 

hitorishizuka_2016_3_17.jpg 

ヒトリシズカ(センリョウ科)

 

花を静御前の美しい舞姿にたとえた花です。

まだ咲き始めたばかりでこれから今月いっぱい楽しめます。

頂上駐車場の20~30m手前の道路わきの斜面で見れます。

芽を出し、4枚の葉が開くと既に花が出来ている不思議な花です。

高さは20cm前後になります。

  

amana_2016_3_17.jpg 

アマナもあと1週間楽しめ、これから竜王山は春本番を迎えます。 

以上はなだよりです。

 

嶋田紀和 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

これから桜の開花が始まる竜王山ですが、春を先取りで美しい花が咲いていますね♪

お散歩に最適な気候となってきました。

皆様も是非観察してみて下さい!

 

(M)

竜王山はなだより(2015年11月12日) ~シマカンギク~

 

自然観察員の嶋田さんより、竜王山はなだよりが届きました!

 

・ ・ ・ ・ ・

shimakangiku_2015.jpg

シマカンギク(キク科)

 

竜王山シマカンギクが見頃です。

漢字では「島寒菊」。

島に咲くわけではないのですが、比較的海に近い

日当たりの良いところに咲くように思われます。

別名「アブラギク」。

花を潰すと、火傷や切り傷に効くそうです。

12月になっても花が残っています。

竜王山の山野草の最後を飾ります。

 

嶋田紀和
 
・ ・ ・ ・ ・
 
今年最後のはなだよりです!
 
「島寒菊」、美しい名前の花ですね。彩りが少なくなるこの時期に
 
黄色い花弁が良く映えますね。
 
たくさんの花で溢れていた竜王山も秋を迎え、
 
山肌が赤く色づいてきました。
 
昼間はまだまだ過ごしやすい気候です♪
 
是非足を運んでみて下さい。  (M)

竜王山はなだより(2015年10月15日) ~モリアザミ~

 


自然観察員の嶋田さんより、竜王山はなだよりが届きましたのでご紹介します!

 

・・・・・・・・・・ 

秋の好天が続いています。

アサギマダラは6~9日あたりは飛来数が増えてきてましたが、

このところ落ち込んでいます。

例年20日前後までがピークですので、まだまだこれからを期待しています。


はなだより

moriazami_2015.jpg 

モリアザミ(キク科)

竜王山の中腹駐車場~頂上駐車場の中間のカーブ下に

モリアザミが見ごろとなりました。

2000年から群生地として保全されています。

今年観察路が設置され間近で見る事が出来ます。

蕾のトゲトゲが力強く、淡紫色の花が風邪に揺れています。 

 

asagimadara_2_2015.jpg 

今月いっぱい見られます。

嶋田紀和)  

・・・・・・・・・・・・

 

アサギマダラとモリアザミのコラボレーションが見られるのは、

今だけですね!

日和も良く、お散歩には最適な季節となりました。

皆様も是非足を運ばれてはいかがでしょうか♪ (M)

竜王山はなだより(2015年10月8日) ~アサギマダラ~

 

 自然観察員の嶋田紀和さんより、はなだよりが届きました♪

 

・・・・

アサギマダラの本格的な飛来シーズンとなりました。

asagimadara_2015.jpg

頂上~配水池間、中腹駐車場のヒヨドリバナなどや

セイタカアワダチソウでも吸蜜してます。

6日の飛来数は約70頭、本日は約50頭です。

これからさらに増えるでしょう。

嶋田紀和

・・・・

 

独特の羽の色と、体の模様が可愛いアサギマダラ。

私は今年はまだ一度も見かけていないので、

この飛来シーズンに是非見てみたいと思っています。

 

(おまけに、最近の焼野海岸の様子も)

アサギマダラ02.jpg

最近はいいお天気なので、焼野海岸の夕陽がとても綺麗です✧

天気が良く 空気が澄んでいる日は、向こう岸の九州まで見渡すことができます!

夜だと関門海峡の灯りも見えますよ!

一日の終わりに夕陽を見ると心が和みます。

 私の小野田の好きな所のひとつが、この焼野海岸の夕陽です♪  
 
皆様も是非、焼野海岸&竜王山の自然を満喫にお越し下さい!
 
( I )

竜王山はなだより(2015年9月18日) ~サワヒヨドリ開花!~

 

 

自然観察員の嶋田さんより、竜王山はなだよりが届きました!

 

・・・・・・・・・・

 

竜王山のサワヒヨドリが咲き始めました。

sawahiyodori_2015.jpg

 

 

2週間以内にはアサギマダラがお目見えするでしょう。

初期の頃は配水池~頂上間の遠路沿いが最適です。

年々このゾーンのヒヨドリバナなどの花が増えています。

今年は中腹の駐車場の西側にも花が見られます。

 アサギマダラの飛来が待ち遠しいですね。 嶋田紀和

 

・・・・・・・・・・

 

毎年竜王山に飛来する、旅する蝶「アサギマダラ」の

好物がサワヒヨドリの蜜ということで、

毎年地元方々や小学生たちが竜王山にこの花を植えてらっしゃいます。

今年も良好な開花のようです。

 

私も実際にアサギマダラを見たことがありますが、

ひらひらと優雅に舞い、羽根がうっすら浅葱色をしていてとても美しい蝶です。

今年の飛来も楽しみです♪  (M)

竜王山はなだより(2015年9月16日) ~ツルニンジン~ 

 

自然観察員の嶋田紀和さんより、はなだよりが届きましたのでご紹介します!

 

・・・・ 

秋風が吹いてさわやかな季節になりました。 
 

竜王山ではツルニンジンが咲き始めました。

 

tsuruninnjinn_2015.jpg

ツルニンジン(キキョウ科)

ツルニンジンは名前のとおり茎がツルで根がニンジンのように

大きいのでこの名が付きました。根が強壮などの成分は含まれていません。

花の径は約3cmで長さが3cmの釣鐘状となっています。

竜王山には他では見られないくらい群落があります。

でも、今年は台風の塩害のせいか、花をつけた個体が少なくなりました。

それでもアスレチック北側に斜面で今月中は見られます。

竜王山のお宝の一つです。(嶋田紀和)

・・・・

 

秋の過ごしやすい気候の中、竜王山で自然観察などはいかがでしょうか。

いよいよ来週はシルバーウィーク☆

きららガラス未来館は、営業しておりますので是非お越しください♪ (M)

 

 

竜王山便り (2013年9月28日) アサギマダラ飛来!

 自然観察員の嶋田さんよりアサギマダラが飛来したとのお知らせがありました。

 

・ ・ ・

2013アサギマダラ01.JPG

本日、竜王山に”旅するチョウ”アサギマダラが初飛来しました。

数は4頭で場所は頂上~配水池間の園路脇です。

いまここにたくさんのヒヨドリバナが7~8分咲きとなっています。

他のサワヒヨドリやサケバヒヨドリはまだ咲き始めたばかりです。

ですから初期はここに集まります。

園路以外には入らないようにして観て頂きたいです。

 

 2013アサギマダラ02.JPG

 

アサギマダラは11月初旬ごろまで見れますが、

見ごろは10月10日~20日ごろです。

そのころは中腹の駐車場に集まります。

 

10月13日(日)8時30分からアサギマダラの

観察会を開催します。きらら交流館にご集合ください。(嶋田紀和)

 

  ・ ・ ・

 

 アサギマダラはその名の通り羽がきれいな浅葱色です。

ひらひらと花から花へ移り飛ぶ様子が見られるのはこの時期だけ!

竜王山で一休みしたらまた遠くへ旅立つので

ご見学の方はそ~っと見守ってくださいね。 (S)

 竜王山便り (2013年9月17日) 竜王山に秋がやって来たー!

 

吹く風が爽やかになってきて、これから竜王山が秋色に変わります。

 

アスレチックの北側斜面に群生している

ツルニンジンが例年より早く開花しました。

ツルニンジン.JPG  ツルニンジン02.JPG

<ツルニンジン(キキョウ科)>

根がニンジンに似ているところから名がつきました。

別名「ジイソブ」と呼ばれます。

花冠は3cm前後。これから10月中旬くらいまで楽しめそうです。

 

 

サワヒヨドリ.JPG

<サワヒヨドリ(キク科)>

アサギマダラが大好きなサワヒヨドリの蕾がふくらんで来ました。

10月初旬にはアサギマダラがやってくるでしょう。

ヒヨドリバナやサケバヒヨドリも同じくまもなく開花です。

今年の猛暑でこれらの花たちがダメージを受けています。

これから竜王山から目が離せません。 (嶋田紀和)

 

・ ・ ・

 

「旅する蝶」と言われるアサギマダラが

未来館のそばの竜王山に毎年飛来します。

未来館のブログでもご紹介したことがありますので、

アサギマダラってどんな蝶だろう?と気になった方は

ブログ記事「☆アサギマダラ飛来中☆」をご覧ください。 (S)

 

竜王山便り (2013年7月2日・6日)

|

 竜王山便り (2013年7月2日)

今日も嶋田さんから素敵なお便りが届いています。

まとめてお知らせいたします。

 

・ ・ ・ 2013年7月2日 ・ ・ ・

ネジバナが咲きました。

ネジバナ.JPG

ネジバナ(ラン科)

竜王山の頂上南側広場にネジバナが咲き出しました。
名前は写真のように螺旋状にねじれて咲くところからこの名が付きました。
別名モジズリトモいいます。高さは10~20cmくらいです。
 
よく観ると右巻き、左巻きとあるのが面白いですね。
この花が咲くと間もなく梅雨明けを迎えます。
ネジバナは芝や草地に現れます。
上記の場所は沢山咲き見ごたえがあります。
見ごろは中旬ごろまでです。
もう1週間するとコオニユリの季節になり本格的な夏となります。
 
 
 

・ ・ ・ 2013年7月6日 ・ ・ ・

 
 コオニユリ.JPG
 
コオニユリ(ユリ科)
 
 
7月2日ネジバナの花だより時、コオニユリが一輪開花していましたが、
4~5日の間に竜王山のあちらこちらで濃いオレンジ色が目立つようになりました。
1週間後にピークを迎えるでしょう。
 
かつてこの次期コオニユリの群落がありましたが、
桜の木の陰などの理由で減少してました。
近年また個体数を増やしつつあります。嬉しい限りです。
 
頂上付近の西側道路下や頂上~配水池間などで見れます。
梅雨明けの青空にコオニユリがよく映えます。

 

・ ・ ・

 

みらいかんの前にもネジバナが咲いています。

嶋田さんの花便りで今まであまり気にしていなかった草花に

目を留めるようになりました。季節ごとのお便りが嬉しいですね♪ (S)

竜王山便り (2013年6月19日)

|

竜王山便り (2013年6月19日)

 

雨がしっかり降り梅雨らしい天気になりました。

自然観察指導員の嶋田さんより新作の竜王山便りが届きましたのでご紹介します。

 

・ ・ ・

お世話になっています。
 
やっと梅雨らしくなりました。生き物がこの雨で成長を早めるでしょう。
 
このところ多忙でやっとのことで、本日気になって
いたオカトラノオを観に竜王山に行くことが出来ました。
 
植物は季節にほぼ忠実に咲いてくれます。この次期の
竜王山の野草達は春の賑やかさはありません。
ホオズキやオカトラノオがひっそりと咲いています。
7月初旬からネジバナ、コオニユリ、ウバユリと続きます。
コオニユリ、ウバユリの個体数は県下に誇れるものです。
そのころまた花便りをお送りいたします。
 
 
 オカトラノオ.JPG
オカトラノオ(サクラソウ科)
 
花を虎の尾に見立てたものです。
竜王山では配水池~頂上間、モリアザミの群生地の
下などで見られます。今見ごろで今月中は大丈夫でしょう。
高さは50~100cmくらいで面白いことに
花は同じ方向に向いています。異端者はいないようです。
 
お知らせ
「アサギマダラおいでませ作戦第4弾」を下記
の通りに行います。ご都合がつけば本山小学
校3・6年生がサワヒヨドリなどの花を約4000
本植栽いたします。ご都合が付けば子供達の
サポートを頂ければ幸いです。移植ごてなどを
お持ちであれば持参願います。
 
日時 : 6月25日 9:00~10:00
場所 : 竜王山中腹駐車場
 
 嶋田 紀和

・ ・ ・

 

いつも素敵な写真で竜王山の自然の美しさを教えて下さる嶋田さん。

山を歩き回る健脚は日頃のランニングで鍛えておられるのでしょうか。

きららガラス未来館の前を軽快に走っているところを時々お見かけします。

とても気さくで素敵な方で、ファンも多い嶋田さん。

もし竜王山散策で出会うことがあれば気軽に声をかけて見られては♪ (S)

竜王山便り (2013年5月26日)

|

竜王山便り (2013年5月26日)

 

・ ・ ・

センダン(センダン科)

 

センダン.JPG 

 竜王山の赤崎登山口から配水池周辺でセンダンの
花が見ごろとなりました。センダンは南方系の木で海岸
地帯で多く見られます。上記の場所では10m以上の高
木が10数本あり見ごたえがあります。配水池の広場が
センダンの絶好の展望台です。ここ1週間は楽しめるでしょう。
 果実は2月ごろヒヨドリなどのエサとなります。
1.5~2cmの果実を丸呑みにします。
(自然観察指導員の嶋田さんより)
 
 
・ ・ ・
 
 
また、嶋田さんからヒメボタル観察会のお知らせです。
 
 
 
日時 : 6月1日(土) 19:30
集合場所 : きらら交流館
 

きらら交流館でヒメボタルの生態について学習した後

実際に竜王山へ行きヒメボタルを観察します。

私たちガラス未来館スタッフも、一度参加しましたが

ヒメボタルが何を食べているのか、

ヒメボタルの一生などをわかりやすく解説していただき、

とても楽しむことが出来ました。

竜王山のヒメボタル、ぜひ一度ご覧になってください! (S)

 竜王山のハマセンダン・きららビーチのハマヒルガオ

 

きららガラス未来館の周辺には自然も多く、

様々な草木を見て楽しむことが出来ます。

今日は、このたび市の天然記念物に指定された「ハマセンダン」と、

きららビーチに毎年群生する「ハマヒルガオ」をご紹介します。

  

「ハマセンダン」の木

 130524_01.jpg

このハマセンダンは2011年10月に地元の方によって発見されました。

樹齢約250年、幹の周長は5メートルを超える大きな木です。

国内最大級の可能性もあるとか!

 

大きさがわかりやすいように横に立ってみました♪

130524_02.jpg

根を踏んで木を痛めてはいけないので少し遠くからですが、

幹の太さが一目でわかりますね。 

 

130524_04.jpg

天気が良ければ木漏れ日も美しく、森林浴が楽しめます…が!

虫よけ日よけ対策はしっかりと行うことをお勧めします。

ほんの少しの滞在で何か所も虫刺されができてしまいました。

 

ご見学の際は、樹木保護のため木に近づいて根を踏んでしまったり、

木に登ったりということがないよう、マナーを守ったご見学をお願いします。

 

・ ・ ・

 

さて、続いては竜王山のふもと、きららビーチ焼野の「ハマヒルガオ」です。

ハマヒルガオは海岸でよくみられる植物で、

きららビーチの砂浜にも群生していて毎年きれいな花を咲かせます。

130524_05.jpg  130524_06.jpg

淡い色でかわいらしい雰囲気の花です。

つぼみがたくさんありました。

 

場所はきららビーチ焼野の海水浴場周辺。

近くの「ソル・ポニエンテ」さんが見える位置で写真を撮影してみました。

130524_07.jpg

 

海岸前の階段にもたくさん♪ 

130524_08.jpg

今が見ごろなのでぜひお散歩してみて下さいね。 (S)

竜王山便り (2013年4月17日)

|

竜王山便り (2013年4月17日)

 

地元、竜王山の自然観察指導員の嶋田紀和さんから

竜王山の花だよりが届きました。

 

・ ・ ・

「竜王山は八重桜の季節となりました。
山野草の競演で賑やかになってきてます。」

 

フデリンドウ.JPG

 フデリンドウ (リンドウ科)

 

トキイロフデリンドウ.JPG

トキイロフデリンドウ (リンドウ科)


 
 「主として頂上から配水池コースの中ほどに
フデリンドウが見ごろとなっています。近年この
コースの脇にあったメダケが刈りとられました。
そこにフデリンドウが沢山出て来ました。雨天や
曇天の日は花を開きません。好天の日においで
ませ。竜王山にはフデリンドウが変異したと思わ
れるトキイロフデリンドウが森の中でひっそりと
咲いています。淡いピンク色が綺麗です。個体数
は7~8株くらいです。」
 

・ ・ ・

これからも随時嶋田さんから届く竜王山便りをお知らせしていきます。

お楽しみに♪ (S)

竜王山桜情報 <2013年3月28日>

|

竜王山桜情報 <2013年3月28日>

 

先週に引き続き、桜の状況を見に行きました♪

sakura2013032_01.JPG

中腹駐車場への途中の桜。

満開になると桜のトンネルになります!

 

まだ満開には少し時間がかかりそうですが、

暖かい日が続けば一気に蕾が開いていくのではないでしょうか。

 

sakura2013032_02.JPG

 中腹駐車場からの眺めです。まだまだ蕾のほうが多いですね。

菜の花が綺麗に咲いていて、春らしい景色でした。

 

sakura2013032_03.JPG

そしてそれを撮るスタッフMさん。

 

そして山頂へ。

sakura2013032_04.JPG  sakura2013032_05.JPG

山頂はやまりまだ咲き出した所で、お花見には少し早いかもしれません。

天候によってはあっという間に満開になると思うので、見ごろを逃さないように

これからもお伝えできれば!と思います。  (S)

竜王山桜情報 <2013年3月23日>

|

竜王山桜情報 <2013年3月23日>

 

毎年たくさんのお花見のお客様で賑わう竜王山。

今年の桜はいつごろ満開になるのか気にされている方も多いのではないでしょうか。

…ということでチェックしてきました!

 

sakura20130323_01.JPG  sakura20130323_02.JPG

 

「咲きはじめ」といったところですね。

場所によってはかなり蕾が膨らんでいる様子です。

来週末が見ごろなのではないかと思います♪

ぜひ竜王山ときららビーチ焼野へお越しください。 (S)

 

スタッフの休日2012 (お花見とわかめ狩り)

 

4月8日に行われた竜王山さくらまつり、そしてジェルキャンドルの出張体験ですが、

スタッフ総動員して竜王山に上がるわけにもいかず、

未来館を守る留守番部隊がいました。

 

とてもきれいだったということを聞き「私たちもお花見がしたい…!」

と、翌日の休館日に留守番部隊の2人で竜王山に行ってきました☆

 

120409_01.jpg

平日でしたが、お花見をされている方も多く、

お弁当を食べながら素敵な時間を過ごしておられました。

桜も満開でしたよ。

 

120409_02.jpg

120409_03.jpg  120409_04.jpg

ソメイヨシノ以外にも春らしく花を咲かせる山の木々に

私たちもすっかり上機嫌に…。

「このままのんびりと山で休日を過ごすのもいいねぇ」

という話もでたのですが、この日のメインは、実はお花見ではありません!

 

前日の大潮に続き、中潮のこの日は干潮時に遠くまで潮が引くので

毎年恒例のわかめハンティングにぴったりの日なのです☆

スタッフ自給自足シーズンのこの時期は、

休日と潮のタイミングが合えば必ず海に出かける私たち。

 

すっかり慣れたもので、今年も大漁でした!!

120409_05.jpg  120409_06.jpg

館長に、「地元の漁師のおかみさんのようだ」と言われた一枚。

毎年採れたてのわかめを実家や遠方の友人に送って喜ばれています♪

さっとゆでてわかめサラダやわかめスープに、

そして干して乾燥わかめを作るのです!

 

ご近所さんからたけのこやワラビを頂いたり、わかめを採ったりと

山陽小野田市に来てから、季節の自然の恵みをたくさんいただいています。

山陽小野田市、ほんとに素敵なところです☆ (S)

出張ジェルキャンドル体験in竜王山さくらまつり

 

いよいよ桜の季節がやって来ましたね♪

4月8日(日)10時から、

きららガラス未来館のすぐそばにある竜王山の山頂で、

竜王山さくらまつりが開催されます☆

 

きららガラス未来館からは、

出張ジェルキャンドル体験のブースで

お祭りに参加いたします!!!

 

竜王山の桜や蝶をイメージしたパーツも

ご用意しております♪

P4040001.JPGのサムネール画像 

世界でたった一つの作品を作りに来て下さいね♪

PC180051.JPG

こちらは、昨年の竜王山の桜の写真です☆

今年もたくさんのさくらに会えるかな?

桜に会いに、竜王山に足を運んでみて下さいね♪  (K)

P4100022.JPGのサムネール画像  P4100012.JPGのサムネール画像

あけましておめでとうございます

|

あけましておめでとうございます

 

yearplate_2012.jpg

 

2012年の干支は「辰」です。

干支の中で、唯一架空の生き物ですね。

 

竜王山のふもとにあるきららガラス未来館。

ホールに展示されている大絵画のエナメル絵付け作品にも

竜を描いているものがたくさんあります!

ぜひどんな竜がいるのか、確かめにいらしてくださいね。

 

また、ジェルキャンドルの体験素材でも「ドラゴン」を入荷予定です☆

今年も、多くのお客様にお会いし、たくさんの笑顔に出会えることを楽しみにしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。 (S)

☆アサギマダラ飛来中☆

|

☆アサギマダラ飛来中☆

 

以前スタッフブログ内でご紹介したアサギマダラ。

(スタッフブログ、アサギマダラのシーズン到来!)

「旅するチョウ」と言われる姿を見に、竜王山オートキャンプ場の近くにある

アサギマダラ飛来地に行ってきました! 

先日行われ、大好評に終わった竜王山ウォークでは、この飛来地もコースに含まれていました。

  

asagimadara2011_1.jpg   asagimadara2011_2.jpg

ヒヨドリバナの花畑☆ 

アサギマダラおいでませ作戦と題して地元の方々が植えつけられたものです。

 

 

asagimadara2011_3.jpg   

花畑には、アサギマダラがたくさん居ましたよ!

ひらひらと舞う姿に見とれてしまいました・・・☆

ヒヨドリバナに止まっている間が、シャッターチャンスなので

カメラを構える手にも自然と力が入ります。

 

以前スタッフブログ、アサギマダラのシーズン到来!でご紹介した

自然観察指導員 嶋田憲和氏のアサギマダラの写真は、美しいですね。

毎年観察していらっしゃるので

一番良い撮り方を心得てらっしゃるのだと実感しました。

 

 

asagimadara2011_4.jpg

アサギマダラの魅力は、羽だけではありません。胴体は水玉模様なんですよ!

抜かりがなくて素晴らしいです。

 

asagimadara2011_5.jpg

一年に一度しか見れないアサギマダラ。

来年もこの地に飛来し、美しい姿を見せてくれることを願っています☆  (M)

アサギマダラのシーズン到来!

|

アサギマダラのシーズン到来!

 

山陽小野田市の竜王山には、毎年「アサギマダラ」という蝶々がやってきます。

『旅するチョウ』ともいわれるアサギマダラですが、

日本本土と南西諸島や台湾まで南下と北上をし、千キロ以上も飛ぶそうです。

 

H23asagimadara_02.jpg

アサギマダラとヒヨドリバナ(撮影:自然観察指導員 嶋田紀和氏)

 

浅葱(薄い水色)の羽を持つ、とても美しい蝶で、

竜王山での見ごろは10月15日~20日頃とのこと。

 

H23asagimadara_01.jpg

(撮影:自然観察指導員 嶋田紀和氏)

 

きららビーチ焼野で毎年開催される「竜王山ウォーク」とピッタリのタイミングです。

竜王山ウォークは、きららビーチをスタートして竜王山に登り、

長距離コースは本山岬まで足を延ばす毎年恒例のウォーキングイベントです。

毎年多くの参加者が楽しくウォーキングされているのを

未来館から応援しています♪

 

今年の申し込み締切は、10月11日(火)です!

歩きながら、山陽小野田の自然を満喫しませんか??? (S)

さくら満開!

|

さくら満開!

 

きららビーチ焼野を見降ろす竜王山は、山口県も有名な桜の名所です。

きららガラス未来館から竜王山を見上げると、

桜の季節には山の一部がピンク色に染まるほどなんですよ。

 sakura23_00.jpg

うっすら色が違うところが桜がたくさん植えられている場所。

 

竜王山の桜が満開になり、この土日はお花見のお客様で賑わっています。

sakura23_02.jpg

私も今日(4月10日)のお昼にこのブログ用の写真を撮りに車で登ってみました。

写真の通りの混雑ぶりで、自動車だけではなく歩行者もいるので

なかなか進むことが出来ないほどですが、

そのおかげで車の中からのんびりと写真撮影をしながら登りました♪

 

sakura23_03.jpg

車道の両側から桜がアーチのように咲き誇る、とても美しい道です。

 

竜王山には中腹と山頂など何箇所かに駐車場があり、

中腹に停めるとなだらかな坂に咲く桜の下でお花見を楽しんだり、

アスレチックゾーンで遊んだりすることが出来ます。

 

そして山の上まで登ると、展望台のある竜王山の山頂に着きます。

運よく車を停めることができたので、山頂からの様子を何枚か撮影してきました。

sakura23_04.jpg  sakura23_05.jpg

左側の建物が展望台で、山陽小野田市と宇部市を360度のパノラマで望むことができます。

天気が良ければ海の向こう側には九州がキレイに見えますよ☆

 

sakura23_06.jpg  sakura23_07.jpg

遊歩道があり、中腹から歩いて登ることも出来ます。

山頂には芝生広場もあり、桜の下にたくさんのお花見客が風呂敷を広げていました。

 

お天気が良ければまだ楽しめると思いますので、山陽小野田市にお越しの際は

竜王山に立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

 

※自動車でお越しの際は、路上駐車をすると歩行者と自動車がすれ違う際に

大変危険ですので、必ず駐車場にお車を停めて頂くようお願い致します。 (S)

タグ

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。