現代ガラス作品 吹きガラス体験 生涯学習施設 きららガラス未来館

小野田ガラス株式会社

きららガラス未来館について

きららガラス未来館は、山口県山陽小野田市焼野海岸にある、生涯学習施設です。現代ガラスの作品がたくさん展示してあり、入場は無料です。また、吹きガラス体験など、様々な体験が楽しめるイベントの開催や、初心者を対象とした吹きガラス講座を開いています。ガラスに親しみながら吹きガラスの基礎を学び、徐々にさまざまな器に挑戦します。全くの初心者でも親切にわかりやすく指導いたします。

展示作品も豊富で、ガラス作家による色とりどりの作品をはじめ、子どもたちとガラス作家が共同で創作した作品やガラスデザイナーと作家のコラボレーション作品など、きららガラス未来館でしか観ることのできない作品が楽しむことができます。

イベントや創作体験の様子、ガラスに関する知識を学べるパネルや資料もたくさんあります。きららガラス未来館でガラス文化を楽しんでみませんか。

山陽小野田市とガラス文化~ガラス文化の発信拠点「きららガラス未来館」~

山陽小野田市は、昔から窯業のまちとして発展してきました。6世紀後半には「須恵器」の生産地として賑わい、1840年頃に作られた「旦の登り窯」は、後の地場産業として盛んになった「硫酸瓶」の製造へとつながりました。その形状が酒徳利に似ていることから「徳利窯」の通称で親しまれている「旧小野田セメント製造株式会社竪窯」は、国の重要文化財に指定されています。

また、国内外で高い評価を受けているガラス造形作家、故竹内傳治氏の出身地としても知られています。氏のご遺族からは多数の貴重なガラス作品の寄贈を受け、市の財産として市内の公共施設などに展示しています。

ガラスも窯を使う窯業のひとつであり、昔からの窯業を伝承しつつ新しい文化を創造するため、平成12年から「現代ガラス展」など、ガラスに関する様々な催しを開催しています。

平成15年にガラス造形作家の西川慎先生と池本美和先生が市内に個人ガラス工房を設立され、平成16年に市のガラス文化の発信拠点として「きららガラス未来館」が誕生し、市と民間とガラス造形作家が三位一体となったガラスをテーマにしたまちづくりに取り組んでいます。

きららガラス未来館では、お二人のご指導のもと、吹きガラス体験、エナメル絵付け体験、サンドブラスト体験など、子どもから大人まで気軽に様々なガラス創作体験を楽しむことができます。

休館日カレンダー スタッフブログ イベント案内 体験案内 講座案内 アルバム 作品展示
ページTOPに戻る

きららガラス未来館
〒756-0877山口県山陽小野田市焼野海岸 TEL 0836-88-0064 / FAX 0836-39-5355